これいいね!賃貸人の人もお得に成るじゃん。やっぱり生活費が安く成るのは、喜ばれるよ。

 

ワンルームマンションに入居する人は、会社から家賃手当や単身赴任手当がでていますが、たいていの人は赤字に成っています。

それは、特に東京でワンルームマンションに住む人は生活費が高く成っているからです。

 

東京は関西や地方と違って、良い物がたくさんありますが、物価が高いのです。

高いので、なるべく家賃が安い所を探しています。

 

しかしながら、会社から出ている手当で収まる事はほとんどありません。

ですので、持ち出しですね。

 

生活をなるべく切り詰めて、1日の生活費を500円とか1,000円とかの押さえている人もたくさんいます。

この様な人たちはどのような生活をしているのでしょうか。

 

(引用;新潟産業保健推進センター)

これを見て見ると、時間外労働が多くて、喫煙・間食をして運動しない、と言った生活が見られますね。

 

その上で家賃手当が少ないので、生活費は赤字に成っている。

これでは、精神的にもつらいですよね。

 

しかも、単身赴任期間を見て見ると、平均6.3年にもなっています。

この期間の持ち出し金額はどれくらいでしょうか。

 

私も単身赴任していましたが、マンションが中央区に借りていましたので、9万円でした。

家賃手当と単身赴任手当が出ましたが、その合計が9万円程度でしたので、生活費はすべて持ち出しでした。

 

この生活費はどこ位いるかは人によって違いますが、少なくともマンションで暮らしているのですから、電気、ガス、水道、と言ったインフラ代は必ずいるのです。

このインフラ代ですが、最近では夏が厚いのでクーラーをつける事が多く成っています。

 

冬も暖房をつける事がほとんどです。

マンションの場合には、冬の暖房については、エアコンが付いていますので、ほとんどエアコンを使います。

 

このエアコンも新しいエアコンが付いていればよいのですが、古いマンションの場合には15年とか20年近いエアコンが付いているのが現状なのです。

 

オーナーにしてみれば、エアコンを新しいのに変えて環境を良くしようとすると、資金が要りますので、家賃を上げる事を考えますが、そんなことをすれば、入居人が退室したり、入居が遅れたりします。

ですでの、エアコンを替えたがらないのですね。

 

しかも入居者は古いエアコンなので、電気代が高く成っているのです。

電気代は単身赴任の場合には、たくさん使います。

 

それは、忙しい生活をしているので、電気代を節約するような余裕が無いのです。

疲れて帰って来て、クーラーを付けない生活はあり得ませんからね。

 

すると夏ならば、30日毎日、朝から晩まで24時間付けている事も有ります。

もし7月~9月の間、家にいる時間すべてクーラーをつけていたらどうでしょうか。

 

昼はいませんので、平日は12時間、休みは24時間とします。

平日5日x12時間x5週+休み2日x24時間x5週=900時間と言う事に成ります。

 

1時間=11円とすると、9,900円に成ります。

一カ月は3,300円ですね。

 

電気代と言うのは、実は基本料金がかかっているのです。

3人家族の場合ですが、基本料金で1,230円かかっています。

これが単身赴任の場合ならば、たいていは1,000円弱かかっています。

 

これは年間で言うと、12,000円にもなって来ます。

単身赴任者にしては負担が軽減されますよね。

 

しかし電気をつけるのをケチる事は面倒で出来ません。

 

そこで、LOOOP電気と言って、電気料金は基本料金はいらないで、使ったら使った分だけ支払うサービスが有るのです。

これを使えば、今使っている電気代から基本料金分が減額されるのです。

 

そして使った分の金額は今まで使った分の金額と同じなので、基本料金分だけが安くなるという商品です。

詳しい説明はこちら

 

ワンルームマンションの場合には少額ですが、チリもたまればですので、この様なメリットがある商品を入居者に紹介してあげる事は出来ます。

女性ならば、この様な商品を教えてあげるのは喜ぶのでは無いでしょうか。

 

こうやって倹約した金額で、長くワンルームマンションに住んでくれれば、オーナーとしても助かるのです。

入居者もマンションオーナーも賃貸経営会社もみんな喜ぶ方法です。

 

空室対策は、一旦入居すると出来る事は限られています。

自分で出来る事も限られており、帆トンで業者にお任せに成ります。

 

その中で自分で出来る物も有るはずです。

家賃収入で利益を上げるには、空室率を下がる事は有効な方法の1つです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です