ふるさと納税で節税、ワンルームマンション投資の税金はふるさと納税で取り戻せ。

ふるなび写真

高利回り不動産を買い若くして引退した方法

ワンルームマンション投資の節税、ふるさと納税で取り戻せます。

ワンルームマンション投資をすると、毎月の家賃収入が入りますので、所得が高く成ります。所得が高く成ると税率が高くなるので、税金をたくさん支払う事に成ります。

 

せっかくワンルームマンション投資をして利益を上げたのに、税金で取られるのは残念ですね。

 

日本に住んでいるのですから、税金を支払うのは当然なのですが、せっかくならばその税金は自分が使ってほしい事に使って欲しいですよね。

今話題になっている、ふるさと納税、という制度があるのは、皆さんご存知でしょうか。

 

私たちは、日本という国に所得税、自分が住んでいる地域に住民税を支払っていますが、ふるさと納税を使えば、この所得税の一部、住民税の一部を、自分が応援する地域にふるさと納税として支払う事が出来るのです。

 

ふるさと納税の言葉は、納税とありますが、実際は寄付と言う形で自分が応援する地域(ふるさと)=自治体に、今払っている所得税と住民税の一部を寄付する、のです。

 

これが何の得になるというと、この自分が応援した地域にふるさと納税として寄付すると、ふるさと納税として寄付した金額が次の年の所得税と住民税が返ってくるのです。

 

しかも、応援した地域=自治体から、寄付してくれたお礼として、その地域の特産品が送られて来るのです。
この特産品の金額価値は、寄付した金額の30%程度の金額ですが、この価値の商品が貰えるのです。

 

ふるさと納税として寄付した金額は翌年に税金の控除として所得税と住民税が返って来て(2,000円は負担する)、その上特産品が貰える。

 

これが ふるさと納税の制度なのです。

 

この特産品が年収と家族構成によって金額が決まっていますので、
年収が多い人は100万円を超える特産品が2,000円で貰えるのです。

 

お得ですよね。

 

年収が高い人ほど、ふるさと納税をするメリットが大きいので、やらないと損です。

 

纏めますと、

 

ふるさと納税で寄付をする事で、2つのメリットがあります。

 

1、寄付をした金額分は次の年に、所得税と住民税の還付として、税金分が引かれて、本来収める税金から控除(減額)された税金に成る のです。

実質は、2,000円だけ寄付した金額が多くなる仕組みに成っています。

 

2、寄付された地域=自治体からお礼=返礼品としてとして、ふるさとの特産品がもらえるのです。
これは、年収と家族構成によって納める税金(所得税と住民税)が決まって来ますので、寄付される方の条件によって変わって来ます。

 

寄付した金額は来年に、税金の還付と控除によって帰って来て、しかも特産品が貰える、という制度です。

 

具体的に年間1,500万円の所得がある人を例に、どれだけお得か算出して見ます。

具体的に給与所得者が1,500万円の給与があるとすると、どの様に成るのでしょうか。

 

給与が1,000万円。
マンション経営の利益500万円。
家族構成は、妻、子供1人

 

の場合で見ていきます。
この場合で、ふるさと納税の控除金額早見表がありますので、それから算出すると、

 

¥377,000円が控除される金額に成ります。

 

この金額が寄付される方が応援したい地域=自治体に寄付をすると、377,000円までの寄付ならば、2,000円を負担するだけで、次の年に寄付した金額分が税金が控除と言う形で戻ってくるのです。

 

そして、377,000円の30%程度の金額の120,000円が、応援した地域=自治体からお礼として特産品を貰えます。

 

この特産品は、寄付する前に応援する自治体が何をお礼の品=返礼品として用意しているかはふるさと納税サイトから見る事が出来ますので、ここを見て何を寄付のお礼=返礼品として貰えるのか、決めておいて寄付するのです。

 

これが2,500万円の所得がある人で、こどもが1人の場合はどうでしょうか。
控除額は、835,000円に成ります。

この30%がふるさと納税の返礼品として貰えるとすると、250,000円程度が貰えるのです。

 

所得が多い人ほど、メリットが大きいのが、分かります。

 

では、ふるさと納税はどのようにすれば良いのでしょうか。

これが分からない人が多いので、まだふるさと納税を活用している人は、日本全体で30%程度しかいないのですが、、、。

 

やり方は簡単です。

 

詳細については、以下のサイトが参考に成ります。

ふるさと納税の説明はこちら

 

ワンルームマンション経営をしている人の、ふるさと納税のやり方

1、自分の所得から、控除金額を算出する。

 

2、控除金額以内で、ふるさと納税サイトから好きなお礼の品=返礼品を選んで、自治体に寄付をする。

 

3、寄付をした自治体から「寄付金受領証明書」が送られてきますので、保管する。

 

4、確定申告の寄付の欄に寄付した金額を記載して、寄付金受領証明書を添付して確定申告する。
  (詳細の書き方については、下記記事参照)

 

これだけです。

 

ワンルームマンション経営をしている人は、確定申告をしていると思いますので、確定申告書の中に追加で記載するだけです。

簡単ですよね。

 

これだけで数10万円~100万円を超える金額がもどってくるのです。

やらないと損ですよね。

 

このふるさと納税の返礼品ですが、どの様な商品が有るのでしょうか。

これは地方によって変わって来ますが、肉、米、ウナギ、と言った食品もありますが、実に様々な商品が有ります。

 

電化製品、日用品、化粧品、家具、と言ったマンション経営に必要な商品もありますし、旅行、ギフト券、食事券、と言ったサービス商品などもあり、気に入った商品は必ずあります。

 

ふるさと納税サイトのふるなび

ふるなび写真

自分が気に入ったものが無ければ、ワンルームマンションに必要な照明器具や家具などを装備品として使う事も出来ます。

 

ギフト券をもらって、住人に渡す事もできます。

 

ワンルームマンションの住人にふるさと納税の返礼品を渡す事で、住む年数を伸ばす事も出来る可能性も出て来ます。

マンション管理会社にお礼として渡す事も、早く住人を見つけて貰う事にも役立ちます。

 

こう言った自分で費用を出すのではなく、ふるさと納税の制度を利用する事で、ワンルームマンション経営を安定させる事が出来るのです。

ワンルームマンションでは家電製品を使う事が多いですが、この電化製品はふるさと納税の返礼品で高額なので、総務省から規制がかかりつつあります。

 

無くなる事はありませんが、お得な返礼品は少なく成って来ます。

例えば、どんな商品があるのか、見て見ましょう。

 

ワンルームマンションに関係がある商品としてみて見ます。

商品の下に記載してある金額は、寄付金額です。

 

実際に寄付する人が負担する金額は、年収によりますが控除内の金額ならば全て、2,000円で貰えます。

 

照明関係(実質2,000円)

これは、通常は部屋にオーナー側が設備しますので、揃えておいても良いでしょう。

カメラ関係(実質2,000円)
これは、部屋を録ったりマンションの外観や、傷み具合を見るのに必要ですね。
スマホで取るのとは、精細度が全然違います。

細かい傷や、汚れが、写真を引き伸ばしても分かります。

360度撮影ができるカメラ(実質2,000円)

不動産の部屋などをこれで撮っている場合が最近増えています。

自分の持っているワンルームマンションの部屋の中をこれで撮影して、マンション管理会社のサイトやメールに添付して貰えば、ワンルームマンション投資の賃貸管理として、次の住人の募集の際にも役立ちます。

パソコンやアイパッド(実質2,000円)

これも持っているワンルームマンション投資で物件を管理する為に、パソコンで物件を管理したり、写真で詳細を保存したりするのに役立ちます。

特に、ワンルームマンション投資の物件の収益性計算や、持ち運びも便利なノートパソコンやアイパッドなどが役に立ちます。

 

128GB(実質2,000円)

その他にも、ギフト券などもあります。

ギフト券の記事はこちら(実質2,000円)

ワンルームマンション投資の経営を安定化させる為には、この様な方法も取り入れて、複数の利益を確保する事も大切です。

 

 

ワンルームマンションの物件を調べるには、このサイト。
ワンルームマンション投資は物件の勉強は欠かせません。
不動産会社からの紹介物件で、収益が上がるかどうか、調査するには最適です。

 

ワンルームマンション投資でローンを組んだ場合には、団体生命保険に加入する事に成ります。
すると今入っている保険は減らす事が出来ます。
その際、すべて今入っている保険の内容を見直して、費用を削減する事も必要です。

私も生命保険の1つは解約して、他の疾病保険に入りなおしました。

団体生命保険は、ローンを支払っている人が死亡した場合には生命保険でローンの支払いが無くなりますが、病気に成った場合の保険に入る必要があります。

保険についても、家族の為にはワンルームマンション投資には必ず調べておく事が必要です。

みんなの生命保険アドバイザー

ワンルームマンションを持っている人は、自分のマンションの価値がどれくらいなのか、知っておくと便利です。
売却の際に交渉したり、別のマンションに買い替えしたり、いろいろ検討する事が出て来ますので、購入した不動産会社とは別の会社で見積もりを取ると、公正なワンルームマンションの価格が分かります。

AD

ワンルームマンションを経営した場合、1戸あたり家賃収入は8万円程度です。
ここから税金や借入金、賃貸管理会社の管理費、その他費用を引いて行くと1~2万円の利益に成る場合がほとんどです。

副業のワンルームマンション投資以外の複数の収入を得る方法を取っておく事も、ひとつの方法です。
通信販売で物を個人が売る事が出来る様に成って来ました。

副業の一つとして、検討する事が出来ます。

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です