人気のマンションに外せない3点セット? なにそれ。

最近の人気のマンションには3つの特徴があるそうです。

 

それは、

 

宅配ボックス

インターネット

防犯カメラ

 

だそうです。

 

以前のブログでも書きましたが、最近この設備を入れてマンションの空室対策をしているオーナーが増えているそうです。

確かに住んでいる人からすると、この3点は外せません。

 

ちなみに、入居者に人気の設備ランキングは2017年は以下の通りでした。

 

1位;インターネット料金無料

2位、宅配ボックス

3位;防犯カメラ

(引用;全国賃貸住宅新聞2017年10月16日号)

 

なのです。

最近では若者でも年寄りでも、インターネットを見る機会が増えています。

 

今まではパソコンで見ていたのですが、今ではテレビでインターネットを見る事が出来ます。

ボタン一つでインターネットを見る事が出来るのです。

 

最近のテレビはインターネットが簡単に見えるのです。→最近のテレビはこちら

 

特にインターネットで映画を放映している番組が有って、この放送局にテレビのリモコンのスイッチの中に入れているテレビが出てきています。

一見テレビを見ているようですが、実はインターネットテレビを見ていた、と言うようになってきているのです。

 

映画、スポーツ、エンターテイメント、どんどん番組が増えて来ています。

これはお年寄りでは、韓流テレビ番組や昔見た日本映画、旅行番組と言う事に成るのでしょうか。

 

とにかく楽しい番組が揃っています。

スマホもそうですね。

 

スマホも若い人から年取った方まで、幅広く見る様に成って来ました。

スマホを見る時間も、起きてから寝るまで、たくさんの時間をスマホを見て楽しむ人が増えて来ているのです。

 

それをスマホと契約しているプロバイダーではその料金内で見える時間が決まっています。

ですので、なるべく無料の無線が有る店や電気店に行ってみている人がいるくらいです。

 

これが、マンションで設置しているインターネット機器で無料で見えたらどうでしょうか。

これは賃貸者にとっては大きなメリットです。

 

平均的な人ならば、マンションに入ってインターネット設備を個人で引いた場合ならば、プロバイダー代と月間使用量で6,000円程度は必要です。

これは年間に72,000円程度に成ります。

 

これが無料ならば、若い人だけでなく単身赴任者や年を取った人でもメリットが大きいですよね。

人気のあるマンションである理由が分かります。

 

最近では買い物と言えば、インターネットで買い物が増えています。

アマゾンやヤフー、楽天、と言ったインターネット販売で購入する事例がたくさんありますね。

 

家電製品でも最近ではネットで注文して購入する事例が増えているのです。

この様な購入の仕方が増えているのに、働いている人はマンションに帰ってから出ないと受け取れません。

 

すると宅配ボックスが有った方が商品を変わりに受け取ってくれるので、大変便利なのです。

最近では電子式に成っていて、暗証番号やカードをかざせば開錠出来る宅配ボックスうが出てきています。

 

これを使用すれば、住居者は忙しい中でも商品を購入出来るのです。

しかしもし宅配ボックスが無かった場合にはどうでしょうか。

 

郵便ポストに宅配業者の不在表が入って、その番号に電話をして、宅配業者に来てもらう事に成ります。

その時間や日程にいれば良いですが、忙しい方などはなかなか受け取れる日程が無いので現状なのです。

 

するとこの宅配ボックスが無いマンションは敬遠されるのです。

 

最近では、インターネットで購入するケースが増えて来ていますので、宅配ボックスが大型に成っている傾向も有ります。

これは、アマゾンでも配達してくれるものが増えて来て、家電や日用品、組み立て式家具と言った商品も配達されるように成っているのです。

 

宅配業者も不在表を入れて、持って来てくれる時間も8時までに成りましたし、それ以降の配達は断る業者も出て来ました。

ヤマト運輸などは夜の配達には規制を設けて、7時以降の依頼は受けない方針を出してきています。

 

ですので、宅配ボックスは賃貸者側に運送会社側にも、通販会社にとっても切実な問題に成って来ています。

そこでワンルームマンションに宅配ボックスがしっかり設備されていたらどうでしょか。

 

賃貸人はワンルームマンションを探す際には、必ず宅配ボックスが有るかどうか調べる様に成って来ています。

それならば、宅配ボックスが入っているマンション物件を探す事が必要に成ります。

 

マンションの造りが小さいとか、狭い立地に建てているマンションだと、エントランスが大きく取れませんので、宅配ボックスを置くスペースが無いのです。

 

自転車置き場も必要ですし、エントランスの広場も必要で、その上宅配ボックスが必要となれば、必然的に敷地面積が大きなマンションの方が有利ですよね。

 

最近では後から置ける宅配ボックスが有りますので、そのスペースがあるかどうか、マンションのスペースを確認しておく事が重要な時代に成って来ました。

 

それと防犯カメラの設置ですね。

 

これは、インターネット環境が有れば、クラウドとつなげてカメラを設置すれば管理する事が出来るように成って来ました。

 

宅配ボックスの部屋にこのカメラを設置しておけば、不審者が宅配ボックスを勝手に開けて取って行く事はありません。

 

ましてや最近ではカメラの精度が上がっているので、顔認証が出来るように成っていますので、犯罪者がこれに移ると捕まる恐れもありますので、そのような防犯にもつながる様に成って来ました。

 

特に女性は最近は物騒な話も多いですから、今防犯装置が付いたマンションを好まれる傾向が有ります。

 

最近の入居者を見ると外人も増えて来ています。

外人の比率はこれからもどんどん増えて来ます。

 

するとマンションに出入りする人間も多様な人間が増えて来るのです。

その時防犯の設備が無い様なマンションに女性が入るでしょうか。

 

入りづらいですよね。

ましてや女性でも夜遅くまで働いている人が多くなってきています。

 

するとよる歩いてマンションに入る際に、不審者がいたら怖いですよね。

マンションも大きなマンションならば、管理人が要るのですが、ワンルームマンションの物件では、翰林が常駐している様な物件はまずありません。

 

分譲タイプの場合には、管理室は有りますが、常時管理人がいる様なケースはまれですね。

時間を決めてきており、マンションの状況確認や掃除や設備の保全と言った仕事はメインです。

 

すると管理人がいると言っても、防犯は出来ていない事に成るのです。

そういった意味では、防犯カメラが付いているのは大切な要素です。

 

これを入れておくだけで女性が安心して、入居してくれるならば防犯設備が有るマンションを購入する方が良いですよね。

 

購入した後からでも設備は付けられますが、費用がいる事ですから、管理費として臨時で支払う事に成るかもしれませんね。

 

バッファローと言うIT機器関係をしている会社が有りますが、ここならば3点セットで販売しています。

マンション管理組合でこの案件を購入する方法も一つですね。

最近このインターネットを利用した設備の販売会社、サービス会社がたくさん出て来ました。

 

コストも安くなってきており、家賃収入の中で吸収してやれば、インターネット代無料で募集をかける事が出来ます。

実際はインターネット代は家賃の中に入れておいてもです。

 

賃貸者もばかではありませんので、ちゃんと計算します。

個人でインターネットに契約した場合は、プロバイダー代、光インターネット回線代、機械代、とか計算します。

 

その上で契約すると思います。

ワンルームマンションの場合には単身赴任者も多いので、個人でするインターネット契約は面倒なのです。

 

ある意味少々高くてもマンションに設置しているインターネット環境を使います。

それは、インターネットを引くための手間が大変で、退室する際にも機械を返したりする必要があるので、手間なのです。

 

はじめてワンルームマンションを購入する人はこの様なマンションを選ぶ事も一つの選択肢ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です