副業としてワンルームマンション経営はおすすめです!だって時給1,000円のバイトあなた出来ますか?

副業としてワンルームマンション投資はどうなのでしょうか。

職業によっても違ってきますが、サラリーマンが副業として選ぶのは成功率が高い方法だと思います。

 

ワンルームマンション投資は不動産投資ですので、経験が無い人から見れば怖いイメージが有ります。

特にバブルを経験した人にとっては、抵抗感が強いですね。

 

あの頃の不動産事業と言うと、不動産転売が主流で、大きな金額で不動産を売買していました。

あの時代は買えば上がると言った、特別な時代で、多くの人が不動産投資に手を出して成功した人もいれば、失敗した人もたくさんいました。

 

今だにローンを返済している人もいます。

 

ところが今のワンルームマンション投資は、賃貸経営が主流で物件の売買で利益を得るビジネスモデルでは無くなってきています。

 

もちろん不動産も販売する会社も多いのですが、同時に賃貸経営で利益を上げる方法を取っている会社も多く成っています。

 

この様な物件が一般の人でも購入できる様に成っているので、不動産会社は物件も販売するし、その後の賃貸経営での管理費を取るビジネスに主流が写って来ています。

 

つまり、ワンストップですべて行うのです。

 

不動産販売、不動産管理会社、賃貸管理会社、リフォーム会社、保険代理店、マンション管理組合運営サービス、と言った不動産経営に関するすべてのサービスを行っています。

 

不動産販売では仕入れ価格の5%程度を載せて販売して、後は管理費で儲ける、と言った経営ですね。

ワンルームマンション経営と言うのは、物件を購入した後は必ず様々な管理をする必要があります。

 

でもこれらは自分ではなかなか出来ないのです。

 

ましては地方から東京のワンルームマンションを購入した場合には、物件を購入する時は不動産業者と一緒に物件を見に行ったりしますが、購入した後はほとんど物件を見に行く事はしません。

 

それでも管理会社がすべてやってくれるので、オーナーはほとんど何もする事が無いのです。

すると言えば、入居者が退室した時の打ち合わせがほとんどです。

 

入居者の退去時の部屋のクリーニング打ち合わせ、次の入居者の募集、家賃の設定打ち合わせ、入居者の人選、位で後はすべて賃貸管理会社がやってくれます。

入居者が決まると、マンション管理組合が有りますので、そこに連絡して入居者変更を行います。

 

そしてマンション管理組合とマンション管理会社と住民で、3カ月に1回定期会議を開催して、マンションの状況や問題点や新しい内容の起案などを行います。

これも委任状を出せば遠い遠方の人は出席しなくてもいいのです。

 

自分の資産なのですから、出席した方がマンションの現状を知っておくには良いと思いますが。

 

副業と言えば、コンビニで働いたり、掃除夫であったり、スーパーのかたづけ、と言った肉体労働が多いですよね。

でもこれは年を取ってからではできません。

 

しかも時給は1,000円です。

8時間働いて8,000円と言う感じですね。

 

これ仕事が終わってから8時間レジは打てません。

土日働くと、若いうちは良いですが、年を取ると夜中の労働はキツイですよね。

最近ではインターネットが発達していますので、ブログや物販で収益を上げる人が多いと聞きます。

 

しかし、この方法はコンピューターの知識や誰かに教えて貰わないと、0から始めると効率が悪いので、教材を購入したり、高額セミナーに通ったり、成功するまで大変お金がかかるのです。

 

この費用ですが、何10万円~100万円をこえる金額をだしているのです。

その中で成功する人は、5%にも満たないで、10,000円/月を稼ぐ人は5%しかいないと言われています。

 

稼げる人は数100万円/月いるのでしょうが、それは全体の0.1%とかです。

しかも、ブログや物販の場合には、時間をかけてブログを育てる必要がありますし、毎日の作業や土日の作業や、記事ネタを取るために時間を作る必要があります。

 

毎日ブログを書くのに、2時間も会社が終わった後で、家族もいるのにその時間を避ける事は難しいですよね。

それで成功するかと言うと、5%程度の人しか成功しないと言われています。

 

しかも月10,000円稼ぐだけです。

 

副業として安定した収入を得る為に、この方法はリスクが高いと言えますね。

 

ワンルームマンション投資の場合は、物件や投資の方法によってさまざまですが、頭金と諸経費で100万円程度から始める事が出来ます。

 

しかも、自分は物件を選ぶだけで後は不動産管理会社や賃貸管理会社に任せておけば良いので、自分が募集をかけるわけではありませんし、部屋の補修管理をするわけでもありません。

 

ほとんど任せて置けるのです。

そしてインターネットで使う金額も、100万円ならば、ワンルームマンション投資とあまり初期投資は変わりません。

 

するとどちらが効率的なのかが分かりますね。

 

但し、ブログや物販で月100万円以上稼ぐ人も居ますので、一概には言えませんが。

副業としてワンルームマンションをする際には、物件にもよりますが、頭金と諸経費が有れば始める事が出来ます。

 

後は良い物件を選ぶ事ができるか、金融機関から出来るだけ低融資で借り入れが出来るか、良い賃貸管理会社を選ぶことが出来るか、だけです。

始めて見れば、時間も取られませんし、副業としては時間も取られませんし、一番楽な方法であるかもしれません。

 

一番難しいのは、良い物件を購入する事ですね。

新築ワンルームマンションを購入すると、毎月の収支が赤字に成る事がほとんどです。

 

中古ワンルーム物件も最近は値段が高騰してきていますので、なかなか良い物件も見つけにくくなっています。

しかしながら、東京のワンルームマンションの物件は豊富にあります。

 

今はオリンピックや東京再開発があるので、期待で価格が上がっている感じですが、必ず下がる時や、物件が市場に出て来る時期が来ます。

 

その時が、購入するチャンスですね。

会社の中では副業が禁止されている会社も有ります。

 

しかし不動産収入だけは認めている会社がほとんどです。

と言うのは、家を購入したその後で転勤の辞令が出て、購入した家は賃貸として貸している事例がたくさんあります。

 

これは会社都合で発生していますので、会社の従業員の中にはたくさんいるのです。

また、親から相続する場合も多く、これを放棄する事も出来ません。

 

積極的に不動産経営をするために会社を作ってそこの社長に成って、そちらの方が主流に成るのでなければ会社の本業の業務に支障をきたす事は有りません。

公務員でも副業は禁止ですが、不動産経営だけは例外事項で認めています。

 

但し保有戸数の上限額が決まっていたり、一定の制限が有ります。

不動産収入も確定申告の際に、自分が不動産収入分の税金は別納する事が出来ますので、会社側に所得税や住民税からバレる心配も有りません。

 

ワンルームマンションでの副業の一番のリスクは、マンションの金額が2,000万円ほどしますので、この金額を現金で購入出来る人は別ですが、たいていの方は大きな金額のローンを抱える事に成ります。

 

2000万円前後のローンを30年間程度持つ事に成ります。

 

もし、金利が上がったら、もし東京で大震災が起こったら、と言った不慮の事故が発生した時に、資金繰りが回らなくなって、物件を手放しても、、売却時赤字に成る恐れもあります。

 

また、ワンルームマンションが赤字経営ならば、毎月の金銭負担が出て来る事に成ります。

ワンルームマンション投資が必ずしも絶対良いとは言えませんが、ひとつの副業の選択肢として挙げる価値はあります。

 

それはワンルームマンションを30年後に払い終わったら、マンションは自分の物に成りますし、毎月の家賃収入も入って来ます。

これはありがたいですね。

 

リスクが有るので不安が有ると言われますが、具体的に自分の物件がどこに問題があるかが分かれば手を打てます。

購入する前に、リスクを出しておく事をおススメします。

 

つまり、借金の金額が大きい事で不安ならば、1つの物件の価格は安い物件(バブル期物件)を検討する。

金利の変動が不安ならば、フラット30が使えないか、検討する。

 

金利が高い事が不安ならば、低利な金融機関を探す。

空室率が不安ならば、入居率が高い賃貸管理会社から購入する。

 

と言った、具体的な不安を出して、その対策を考える事をおススメします。

 

でも一番大事なのは、どんなワンルームマンションを購入するかで、相当な部分が決まってしまうので、やはりシュミュレーションをしっかりして、収益が上がる物件を購入するのが良い選択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です