都営6路線沿線の内、意外!買うならこの路線!

都営6路線沿線の内、一番資産性の高い路線は?

 

資産価値のあるマンション【GA technologie】 を購入するヒントに成る記事が出ていました。

 

でも購入するのは、1番人気の路線では有りませんよ。

 

マンション相場サイトを運営するマンションマーケット(東京都中央区)が1日、東京都営線の6路線で各駅徒歩10分圏内、竣工2007年の同サイトに登録されている分譲マンションの平均㎡単価を算出し、17年現在との価格を比較。

資産性の高い沿線を発表した。

 

6路線は「浅草線」「三田線」「新宿線」「大江戸線」「都電荒川線」「日暮里・舎人ライナー」

 

最も資産性が高いとの結果が出たのは、日暮里・舎人ライナーとなった。

 

07年時点で平均㎡単価が69万1096円、17年は67万9118円となり、増減率はマイナス1.7%。

 

最下位の6位となったのは都電荒川線で、07年時点で80万8598円だったが、17年は71万3544円となり、増減率はマイナス11.8%だった。

 

1位となった日暮里・舎人ライナーでは、赤土小学校前~西日暮里間で2015年国土交通省発表の混雑率が187%となっており、ほかの5路線の混雑率を上回る結果となっている。

同社は36.5%で最も上昇率が高かったマンションが「西日暮里」駅を最寄りとしていたことなどが平均下落率の下げ幅を緩和させたとみている。

 

なお国道交通省が提供する平成27年度の混雑率データでは、日暮里・舎人ライナーの赤土小学校前~西日暮里間(朝7:30~8:30)の混雑率は187%で、同調査においても、浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の混雑率を上回る結果となったという。

 

このほか同調査では、全体平均では上昇率がマイナスとなったものの日暮里・舎人ライナー沿線では、2007年と比較して価格が36.5%上昇したマンションもあるとしている。

この記事を受けて、

 

中古ワンルームマンションは、立地が非常に重要です。

 

資産価値としても、この立地が重要で、家賃や売却時の価格にも影響します。

 

今この路線でマンションを購入すれば、安定した賃貸人を確保できると思います。

しかし、既にこの路線にあるマンションは高く成っています。

すると、原価が上がるので、家賃が高くなってしまいます。

 

物件の上昇率も、これからは同じ率に成るとは限りません。

 

 

これから上昇するで有ろう路線を安い内に購入するのも、重要です。

 

未だ人気が出ていないエリア、それでいて都心までの時間が短く行ける便利な場所。

 

その様な場所は未だ家賃も安く、お客も付きやすい傾向が有ります。

 

そんな場所の中古ワンルームマンションが出れば、お買い得ですね。マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

 

ワンルームマンション投資を失敗しない為には、信頼できる不動産会社【GA technologie】
と相談する事が重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です