ワンルームマンション投資で賃貸経営は、東京では儲からないのか?

高利回り不動産を買い若くして引退した方法

ワンルームマンション投資は、そんなに儲かるのでしょうか。

 

ワンルームマンション投資はサラリーマンの間で、人気な副業です。

 

このワンルームマンション投資は、そんなに儲かるのでしょうか。

 

 

例えば、2000万円の物件を購入し、1%程度の金利で、30年返済で毎月の返済が7万円程度。

 

家賃収入が10万円とすると、3万円の利益が出ているとします。

 

この中から、マンション管理費が1.5万円程度かかりますので、1.5万円が利益に成ります。

 

年間で、18万円の利益ですね。

 

 

空室が2年に1回1か月間有ったとします。

 

すると、1か月分の家賃10万円分は持ち出しに成ります。

 

粗利は、8万円ですね。

 

年間8万円の利益。

 

これが返済が終わる30年間、続きます。

 

しかしながら、1年間の利益は大した金額では有りませんね。

 

ワンルームマンションの資産価値も、老朽化によって年間1%程度は価値が下がると見ても良いでしょう。

 

ワンルームマンション投資は、大きな利益を得ようとしたら、何件も購入する必要が有ります。

 

サラリーマンが、何件も購入する事が出来るかと言うと、そんなにいないでしょうね。

 

では、なぜワンルームマンション投資【GA technologie】 が人気が有るのでしょうか。

 

 

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

 

 

私は、

 

利益は少ないが、安定して利益が出る。

 

赤字の場合でも、確定申告すれば、還付金が帰って来るので、負担が少ない。

 

確定申告も慣れれば、簡単に出来るので、利益管理が簡単。

 

初期費用が160万円程度と、比較的少額で始められ、年間利益が8万円としても、5%程度ある事。

 

管理が賃貸管理会社がやってくれるので、他の資産運用の手間と比較して、簡単。

 

繰り上げ返済すれば、15年程度で返済は完了させる事が出来、その後は追加で購入しても良いし、家賃収入を生活費に入れても良い。

 

物件価値が東京都心の場合には、価値が下がりにくい。返済し終われば、ワンルームマンションの資産価値が残る。

 

残ったうえで家賃が毎月入る。

 

マンションの耐久性は、管理の関係も有りますが、50年程度は持つ。15年で返済終了すると、35年間は家賃収入が入る。

 

35年x(8万円x12か月)=3500万円

 

黙っていても、マンションが毎月収益を上げてくれて、3500万円も稼いでくれる。

 

株式やFXでは下がって0に成る事も有ると考えれば、160万円の初期費用で、始められ30年後にはマンションが自分の物に成り、その後はマンションの寿命まで稼いでくれる。

 

家賃は8万円としていますが、下がってくると思いますが、東京都心の場合には、下がっても半額に成る事は無い。

 

むしろ、上がる可能性も有る。

 

物件価格が返済完了の、15年間1%下がったとしても、15%しか下がらない。

 

2000万円の物件価値が、15%下がっても1700万円の価値が有る。

 

今は、物件価格も上昇しています。

 

ワンルームマンション投資【GA technologie】 は、派手に儲かる話ではありません。

 

しかし、少額な資金で、長い目で見れば、月々安定した利益を稼いでくれる、安定した投資方法マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】 だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です