ワンルームマンションを購入前の心配、家賃値下げリスク対策はこうする。

購入した物件は必ず自分で見に行って下さい。

 
それは,自分が購入したマンションの価値を確認する為です。
 
 
実際に駅から歩いて見て下さい。
 
 
駅から10分と有りますが、朝の通勤時間ではなかなか都心では道が混んでおり、歩くのに時間がかかったりします。
 
 
しかし、歩いて帰る途中に明るく防犯上も良い,事が分かったりします。
 
 
又、近くにCVSが数件出来たり、ちょっと歩けば便利なスーパーが有ったり、食事が出来る店も多い事が分かったりします。
 
 
購入したマンションの中にも入ってみて下さい。
 
 
 
一般的に、分譲マンションは設備が良いので、快適な事を確認出来ます。
 
 
逆に投資用マンションは設備が貧相だったりします。
 
 
最近の分譲用ワンルームマンションは、
 
 
ドアを入ると自動的に玄関の電灯がついたり、
 
 
床暖房、
 
 
風呂のお湯炊き、
 
 
風呂場での乾燥機付き
 
 
トイレが意外と広く収納が便利
 
 
洗濯物が干しやすいスペースが有る。
 
 
 
とか、色々分かったります。
 

自分の購入したマンションの、良い所、悪い所を知っておいて下さい。

 
このことが、賃貸人の更新時や売却の際の交渉に役立ちます。
 
 
賃貸管理会社は、早く契約を決めようとして家賃を下げて交渉して来ます。
 
 
 
空室率を下げたい為です。
 
 
 
それを止める為に、自分のマンション利点を賃貸管理会社の営業マンに伝えて、交渉するのです。
 
 
 
あまり周辺の家賃とかけ離れた価格では、客は付きません。
 
 
 
でも、安くする必要も無いのです。
 
 
 
また、場所によってステータスのエリアが有ります。
 
 
 
渋谷=コンピューター関係の人は渋谷に住みたがる。
 
目黒=金融関係や収入の高い職業の人が多く集まる。  等々
 
 
 
自分のマンションがどの程度の人気の場所なのか、調べておくと賃貸人を選ぶ際に、判断材料に成ります。
 
 
収入が合わない人が賃貸人に成ると、家賃を払うのが無理があるので、短い期間で退室する可能性が有る。
 
 
すると空室期間が出来るので、マンションの収益率が下がります。
 
 
 
リーマンショックが有って,景気が悪くなって家賃が下がった時期が有りました。
 
 
 
当時1万円以上下がった経験が有ります。
 
 
しかし今は景気もリーマンショック前に戻っています。
 
 
賃貸管理会社は上げる事は言って来ませんが、こちらから多少でも値上げ交渉する必要が有ります。
 
 
 
その時、営業マンに自分のマンションのメリットを伝えるのです。
 
 
 
営業マンも何100件も担当しているので、自分が持っているマンション物件のメリットをいちいち覚えていません。
 
こちらから,言って営業マンにアパマンショップとかの賃貸会社に交渉して貰うのです。
 
 
賃貸管理会社【GA technologie】
は、直接お客さんを(賃貸人)を探しているのではありません。
 
 
 
アパマンショップやCHINTAIネット、や街の不動産屋さんに委託して、探して貰っています。
 
 
 
そこで賃貸管理会社【GA technologie】
の営業マンに街の不動産屋の担当者に、自分のマンションの家賃のUPとメリットを言って貰うのです。
 
 
 
ですので、自分が購入したマンションマンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】
は、見に行った方が良いです。
 
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です