中古ワンルームマンションにも、築浅物件とバブル物件がある。

中古ワンルームマンションには築浅物件とバブル物件があります。

 

中古ワンルームマンションは築年数によって2つに分ける事が出来ます。

 

2000年以降に建設されたワンルームマンションは、比較的浅いとされ、

 

バスとトイレが別々に分かれている

室内の広さも20㎡から25㎡と広めな設計に成っています。

 

設備面を見ても、IHコンロや宅配ロッカー、インターネット回線やケーブルテレビが付随している物件も有ります。

 

物件価格は1,500万円~2,200万円になっています。

家賃収入から毎月の経費を引くと、表面上ですが年利回りは4~5%に成っています。

 

築年数1990年のバブル時期に建てられたマンションは、バスとトイレが一体型に成っており、ビジネスホテルの様な感じです。

 

室内の狭いものが多く、16㎡~20㎡までの物件が多くなっています。

 

部屋が狭い事から、コンロが電熱式であったり、洗濯機の置き場は狭い、と言った問題点が有ったりします。

 

築浅物件は物件そのものが新しいの、法廷耐用年数が長いので、銀行融資が受けやすいメリットがあります。

 

バブル物件は法定耐用年数が短くなっているので、銀行融資が受けられない場合があります。

 

物件を選ぶには、注意が必要です。

 

一般的にはバブル期の物件は1000万円~1,200万円といわれています。

賃料は5万円~7万円程度。

利回りが5~6%と高い。

広さ 16~20㎡

 

これの特徴は価格が安くて利回りが良いのです。

 

お客さんの中には、場所が良ければ狭くても問題ないという人もいるので、一概にバブル物件が悪いとは言えません。

 

立地が重要な要素ですので、お客さんが安定的について、家賃収入が安定的についてくるならば、バブル物件でも問題ありません。

 

綺麗に管理されておれば、退室も少ないでしょうし、その物件の管理状態によりますね。

 

但し管理が悪い場合は、補修費用が高くかかるので、これは築浅物件にも共通している事ですが。

 

要は収益性が良い物件が見つかれば、どちらでもよいという事でしょうね。

 

私は築浅物件を購入したのですが、設備もしっかりしていて修理するとこはありません。

 

建物自体もしっかりしていましたので、大規模修繕工事には費用が掛かりましたが、積立金がありましたので、問題ありませんでした。

 

築浅物件でもコンクリートは定期的に補修をかけていく必要があり、これを実施しないとコンクリートの中の鉄心が腐食する場合があります。

 

この場合には、後で大変なことに成りますので、バブル物件でも築浅物件でも、修繕しているかどうかが重要ですね。

 

東京で中古ワンルームマンションをする場合には、築浅物件を選んでも、バブル期の物件を選んでも結構ですが、その物件を良く見て判断する事が必要です。

 

これはワンルームマンション販売業者とよく話して進める事が重要です。

 

私は、物件を本契約の前には関西から見に行きました。

 

中に入って、騒音や使いやすさ、綺麗さを見る事をする事が外れの無い中古ワンルームマンションを購入する事が出来ると思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です