ワンルームマンションの大規模修繕は何時必要なのか。

長期修繕計画

ワンルームマンション投資として物件を購入すると、物件を資産として管理する必要が出て来ます。

物件自体は大変高価な物なので、マンションの大規模修繕は大変重要です。

 

大規模修繕は物件の状態や修理する内容によって、期間は変わりますが、10~15年に1回行う事が多いと言われています。

大規模修繕工事は、長期修繕計画に基づいて行われます。

 

長期修繕計画には、将来必要となる工事内容、工事時期、予算、が決まっており、この計画を基に修繕積立金の金額が決まっているのです。

但し物件の状態によって行えば良いので、計画通りにする必要はありません。

 

定期的にマンション管理組合の会議が有りますので、その際にマンションの状態を見ながら大規模修繕にするのか、その時に必要な工事に押さえておくのか、決めていきます。

大規模修繕の為に、毎月積立金で積み立てていますので、それを使用して工事は行われます。

 

しかし、工事の内容によってはこの積立金だけでは足らない場合が出て来ます。

その為に臨時に各オーナーに追加の費用を請求する事もありますが、たいていの場合には追加費用を出す事は嫌がられます。

 

そこでどうやるかは、建物管理会社とマンション管理組合で話しながら、今のマンションの補修が必要な状態を把握して、今大規模修繕をするべきか、補修でするべきか、決めていきます。

大規模修繕積立金については、最近特に問題になっていて、積立金の金額が不足している事例が増えているのです。

 

20200709コラム表.png

(引用;日本財託)

しかしながら、いつかは大規模修繕が必要に成りますので、計画的に修繕積立金を集める事と、建物管理会社とマンション管理組合で現状を見ながら、計画的に修繕計画を立てていく事が必要なのです。

住宅性能の維持が高い入居率や家賃水準の確保につながり、次の修繕のための資金も確保できて、さらに、住宅性能が維持されます。

 

こうした好循環によって、「負のスパイラル」に陥ることなく、賃貸経営を安定させて、入居者が安心・満足して暮らせる住まいを将来にわたって提供できるように、計画修繕を実施するのが良いのです。

長期修繕計画

(引用:国土交通省 住宅局住宅総合整備課賃貸住宅対策室)

地方から東京のワンルームマンションに投資している場合には、遠いのでマンション管理組合の総会に参加する事は難しい方も多いと思います。

 

しかし、自分の大事な財産を管理していく上では必要な会議ですので、参加していく事が大切なのです。

コロナウイルス危機からパソコンを使っての会議開催が増えています。

 

将来的には、このような方法を使用してでも参加が必要と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です