ワンルームマンション投資の成功は東京の中古物件。金融商品との利回りの差や、メリット、デメリットで見る選び方が有ります。

世帯主の年齢が50歳代の世帯のうち、33.0%が無貯蓄である

 

プレジデントオンラインから金融アナリストの永野良佑さんの記事が出ていました。

 

要約するとこうだ。

 

 

『世帯主の年齢が50歳代の世帯のうち、33.0%が無貯蓄である。』

 

 

金融広報中央委員会「会計の金融行動に関する世論調査(2013年)」より。

 

 

貯蓄が少ない人が、60歳に成り、退職金を2000~3000万円貰うと、今まで見た事の無い様なお金を前にして、資産を増やそうとします。

 

 

金融機関から、株式投資、公社債、新興国株式、投資信託、不動産、と言った商品を紹介されます。

 

 

今まで投資の経験が有る人ならば、自分に合った金融商品を購入するのだが、初めての人は、銀行や証券会社の言うままに購入して、結果損をしている。

 

 

自分で選ぶ人もいるが、素人なので、選ぶ商品はちょっと知っている会社の銘柄や、わずかの知識で選んでいます。

 

 

その様な銘柄は下がって損をする事が多い。

 

 

外国債券とか紹介されますが、利率は良いが為替差損で利益はマイナスに成る事も理解していない。

 

 

なので、確実な商品として、インデックス投資(日本の代表的銘柄を集めた商品で、日経平均に連動)がお薦めである。

 

です。

 

 

しかしこれでは、日経平均の上下に連動するので、マイナスに成る事も考えられます。

 

 

東京の中古ワンルームマンション投資【GA technologie】 で、退職金運用を失敗しない様にする事が出来ます。

 

 

同じ退職金の2000万円を使うならば、中古ワンルームマンション経営ならば安定して毎月家賃分の利益が上がって来ます。

 

 

10万円の家賃ならば、年間で120万円。

 

 

60歳から80歳までの20年間で、120万円×20年間=2400万円です。

 

 

税金や諸経費がかかりますので、手取りはもう少し少ないですが、20年後はこのマンションを子供に贈与する事も出来ます。

 

 

1年間に1%下落する事を考えると、20年間で20%です。

 

 

2000万円のマンションならば、1600万円で売却できる可能性が有ります。

 

 

家賃と合計すると、20年間で、2400万円+2000万円=4400万円稼いでくれる事に成ります。マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

 

 

確かにリスクは有ります。

 

 

しかし立地を東京の23区内にする事で、安定した利益を上げる仕組みを構築出来て、失敗しない中古ワンルームマンション投資が出来るのです。サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

 

 

以下プレジデントオンラインから金融アナリストの永野良佑さんの記事

 

定年退職を迎えると、退職金という形で2000万円、3000万円というまとまったお金を手にする。

 

しかし、マイナス金利のあおりを受けて、預金していても利息は微々たるもの。そこで、つい手を出してしまうのが投資なのだが、そこには思わぬ落とし穴がいくつも待ち受けているのだ。

 

「世帯主の年齢が50歳代の世帯のうち、33.0%が無貯蓄である」。

 

 

世帯主の年齢が50歳代の世帯のうち、33.0%が無貯蓄である

 

にわかには信じられない数字だが、これは金融広報中央委員会「会計の金融行動に関する世論調査(2013年)」で明らかになった真実なのだ。

 

 

それだけに60歳の定年時に手に入れられる2000万~3000万円もの退職金は、まさに“恵みの雨”ということになる。

 

それにもかかわらず、20年、30年と続く老後の生活を少しでも楽にしようと、退職金を元手に投資を考える人が少なからず現れる。

 

確かに元手の金額が大きい分だけ、運用の選択肢は広がる。しかし、それは選択を誤る可能性も高まることを意味しているのだ。

 

「世の中、そう美味しい話などない」とわかっていても、巧みなセールストークや、一見高そうな利回りの数字を見せられると、つい信じてしまうもの。

 

 

でも、それで“虎の子”の退職金を失ったら、後は“貧乏老後”の道をころげ落ちるしかない。

 

一口に投資といっても、債券、株式、不動産などさまざまで、リスクの高いものもあれば低いものもある。

 

 

その一方で、金融機関や不動産業者からの電話やダイレクトメールでの勧誘もあれば、ネット上ではさまざまな投資情報が飛び交っている。

 

 

そこで、退職金投資で落とし穴にはまらないようにするポイントについて、プロに教えを請うことにしよう。

・落とし穴――1 金融投資

高利回りの外国債投信に潜む大損リスク

「先々の老後資金が少しでも増えれば」と、これまでの蓄えや退職金を運用したくなるものです。

 

しかも、マイナス金利の導入で預貯金の金利は以前よりも低迷しており、ますます焦りが募ってきます。

 

それだけに「お勧め商品を紹介したい」と金融機関から営業の電話がかかってくると、「カモがネギを背負(しょ)って」やらなくてもいい投資につい手を出してしまうのです。

 

 

よく素人が手を出しがちなのが、「見た目」の高利回りが魅力的な新興国などの外国債投資信託です。

 

外債と国内の公共債や社債との決定的な違いは、「満期まで持っていても元本保証」とは限らないこと。

 

 

確かに満期まで持てば、額面全額は戻ってきます。でも、それはあくまで外貨ベースなのです。

利回りが高いのは、インフレ率の高い新興国などでは金利が高くなるから。

 

インフレはお金の価値の目減りですから、その通貨が円に対して弱いことを意味し、為替リスクが発生する可能性が高いわけです。

 

満期時に投資時よりも10%円高に振れていたら、それだけで外貨ベースでの稼ぎが吹き飛ぶかもしれません。

 

 

こうした金融商品の広告には「為替リスクがあります」と小さく記載され、金融機関は説明責任を果たした形になっており、「損をした」と騒いでも後の祭りです。

・株式投資はどうでしょう。

証券会社に口座を開いていれば必ず「いい株」の営業電話がかかってきますが、株の銘柄選択にはほとんど意味がありません。

 

マネー雑誌の「推奨銘柄」もそうですが、仮に値上がり材料が正しかったとしても、その材料を反映してすでに株価が動いているものなのです。

 

配当利回りの高さで株を買うのも賢いやり方ではありません。

 

 

配当を支払うと、その分だけ会社からキャッシュが出ていき、株価は下がります。

 

 

100万円で株を買って10万円の配当があっても、株価が90万円になったら、意味がありません。

 

むしろ、配当をせずに研究開発投資に回して業績が向上し、株価が100万円から120万円にアップしたほうがいいでしょう

・バランスの悪い個人向け社債

 

最後に要注意なのが、「預金と比較すれば好利回り」を謳う個人向け社債です。

 

その個人向け社債の利回りは国債よりも高いのが普通で、有利に見えるのは確かです。

 

しかし、「有利に見える」というのは幻想にすぎません。

 

社債の発行元である会社がデフォルト(債務不履行)すると、債券は紙くずになります。では、なぜ個人向け社債が国債より利回りが高いのか?

 

個人向け社債が国債よりもデフォルトしやすいからです。

 

まだ株式は、株価が大幅に上がることもあるし、流動性も高くてイザというときに売りやすい。

 

一方、個人向け社債は銀行預金よりも利息が少し高いだけなのに、デフォルトすればすべてを失うという儲けと損のバランスの悪い金融商品で、流動性が低くて売りにくい点も問題です。

・3000万円の退職金があるなら、半分は預金、半分をインデックス

3000万円の退職金があるなら、半分は預金、半分をインデックス投信に回すことをお勧めします。

 

それも一気にではなく、毎月少しずつ同じ金額で購入していきます。

 

そうした投資方法を「ドル・コスト平均法」といい、損失が一時発生したとしても、長期にわたるトータルの利益でカバーしていくものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です