ワンルームマンションの、最上階の部屋を購入してはいけない。地震で揺れやすく、保険も必要。

最上階の部屋は買わない方が無難です。

 

マンションで一番良い部屋は、見晴らしの良い最上階、と思いますよね。

 

ところが、最上階は住みにくいのです。

 

東京では地震が多いのです。

 

10階以上のマンションでは、地震が有ると相当揺れます。

 

以下は地震の回数を示した表です。

 

Hi-net自動処理震源マップ・日本全国広域・最新7日間 の震央分布図より抜粋

 

地震が発生した場合には、マンションは構造にもよりますが、上層階が揺れが大きく成ります。

 

すると、住居者はその対策が必要に成ります。

 

つまり、テレビが倒れない様な対策。

 

カラーボックスや置台の倒壊対策。

 

冷蔵庫の揺れ対策、等々。

 

何等かの対策が必要なのです。

 

これは私も、実際に東京のマンションで11Fに住んでいましたが、マンションにもよるでしょうが、震度5でテレビが倒れて、液晶テレビが壊れてしまいました。

 

その後、テレビの倒壊対策をして何回かの地震にも耐えられましたが、テレビは新しく買い直しました。

 

又、倒壊対策として、テレビ倒壊対策治具も購入しました。

 

 

その金額は12万円でした。

 

マンションの最上階の天井は、マンションの屋根の部分と接触しています。

 

すると日光が当たるので、夏に成ると天井が焼けて、遠赤外線が出るのか、暑いのです。

 

クーラーをかけても、遠赤外線は波長が肌に当たって、暑いのです。

 

せっかく体を休めたいのに、身体が暑く成るのです。

 

 

それと、マンションの構造や強度の関係も有ると思いますが、最上階の天井はマンションの天面部分に面しています。

 

そして側面は壁に面しています。

 

 

すると、その境目は最上階の角部屋に有るのです。

 

地震が発生した場合には、マンション自体が揺れます。

 

この揺れの応力が一番かかるのが、天井部分と壁の部分のつなぎ部分です。

 

もちろん、マンションはそれに対して、対策は打っている設計に成っていると思います。

 

しかしながら、私が住んでいたマンションでは、小さな亀裂が入っていたのです。

 

そこから、雨が降ると水が入り込み、梅雨や台風が来て、雨量が増えると、雨漏りがしたのです。

 

1999年のマンションでしたので、16年程度しか経過していませんでした。

 

亀裂から雨漏りがすると言う事は、天井と壁の間の亀裂は大きいと思われます。

 

事実、隣の部屋の天井からも雨漏りがしていました。

 

写真で見ると、5m程度亀裂が入っていました。

 

 

雨漏りと言うのは、天井部分の亀裂から、コンクリート内部を伝って水が回って行き、その亀裂が入った部屋以外に広がっている場合が多いのです。

 

この場合、コンクリートの中の鉄骨に水が回って、錆が発生します。

 

すると、強度が落ちて、また地震が発生した場合には、亀裂が益々大きく成る可能性が有ります。

 

亀裂が入って、雨漏りがする部屋は資産価値として著しく減少する事は確かです。

 

しかも、都度部屋の補修費用は馬鹿に成りません。

 

大規模修繕の際には、大規模に修復するのでしょうが、ヒビが入った部屋は強度が減少している恐れはありますね。

 

これは外見からは分かりません。

 

私も住んで、6か月目で雨漏りするまで、まったくわかりませんでした。

 

つまり、外見からは分からないのです。

 

悪い事に、この季節は台風が多く来るので、簡単に修復する時間が無かったのです。

 

1か月の間、雨漏りが発生する状態でした。

 

また、この様な工事は外壁からの修復で、特殊な工事に成るので、すぐには工事業者が対応出来ず、修復するのに1か月以上かかりました。

 

しかもその対策は、亀裂に樹脂とコンクリートでふさいだだけでした。

 

 

当然、この部屋は解約して、別のマンションに移りました。

 

 

このような事を物件を紹介して貰う際に、アドバイスをくれる不動産会社【GA technologie】 が必要です。

 

 

失敗しないワンルームマンション投資は、この様な事でも、相談に乗ってくれる会社マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】 も有ります。 空室を避ける為に、出来る事は最初に対策を取って置くと、後の手間がかかりませんし、余計な費用がかかるのを防止する事が出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です