ワンルームマンション2000万円の新築か中古の投資物件でも、少ない初期費用で購入することが出来ます。

高利回り不動産を買い若くして引退した方法

年収400万円でも、2000万円の投資用ワンルームマンションが買えます。

 

なぜ、400万円の年収で、普通の生活をしながら、2000万円の高額な投資用ワンルームマンションが買えるのでしょうか。

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

 

自分が住居するマンションの場合ならば、自分がローンを支払う事に成ります。

 

しかし、投資用マンションの場合には、そこに住んでいる住居者が払う家賃で、ローンを支払います。

 

 

ですので、自分の財布からお金は出て行かないのです。

 

その為、年収が400万円の場合でも、それより少額で有っても、年収の5倍もするマンションが買えるのです。マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

 

 

 

但し、条件が有ります。

 

それは、正しい投資の仕方で無いと破綻する恐れが有ります。

 

年収400万円の人が投資する、正しい中古ワンルームマンションとはどのようにするのでしょうか。

 

 

大きく分けて、3つのポイントが有ります。

 

 

1つ目は、月々の収支がマイナスに成らない様にする、事です。

 

毎月赤字が出ていたら、年収が少ない場合には、負担が大きいです。

 

ですので、少しでも良いので、プラスに収支をする様に構築するのです。

 

赤字に成る原因は、大きくは3つあります。

 

物件の収益性が低いこと、

 

借入期間が短いこと、

 

借入金額が大きいことです。

 

毎月の収支をプラスで投資を始めるために、最低限必要な自己資金は入れて、不動産投資を始めることです。

 

又、余裕資金を持って置く事が必要です。

 

2つ目のポイントは、繰上返済やリスクを見据えた資金計画を立てることです。

 

不動産投資最大のリスクは借金です。
 
 

金利が急上昇すれば、収支が圧迫され、最終的にはローン返済が行き詰ってしまいます。
 
 

不動産投資のリスクを考える上では、債務リスクをコントロールすることが、何よりも重要です。

 

空室や退室時の部屋のクリーニングで大きな金額がかかる場合が有ります。

 

その為の、余裕資金も必要なのです。

 

3つ目のポイントは立地選びです。
 

 

空室リスク、家賃下落リスク、そして資産価値の下落リスクなどに対抗するには、立地選びが何より重要です。

 

その方法の1つは、 賃貸需要が安定した東京23区内の中古ワンルームマンション投資【GA technologie】 です。
 
 
 
空室が長引けば、当然ですが利回りは低下します。
 
 

そして、家賃も築年数の経過とともに、ゆっくりと下落していく傾向にありますが都心に比べて、地方は下落率も大きくなります。
 

20年、30年という長期的なスパンで見た際の、実質的な利回りまで考慮して、投資物件を見定めることが大切です。
 

 

不動産投資にリスクがあるのは事実なのですが、正しい投資を行えば、リスクを最小限に抑えながら、堅実に資産形成が出来ます。

  

低金利の今、不動産投資 【GA technologie】 は資産運用の有力な選択肢であることは間違いありません。

 

 

自分自身でコントロールできる範囲の借入を利用し、そのうえで、積極的な繰上返済を行うことが大切です。
 

 

例えば、2000万円の物件を、100万円の頭金で、35年ローン、2%利率で組んだとします。

 

この場合で、金融機関への返済額は、62,940円です。

 

これに、管理会社への管理費や大規模修繕積立金など、約18,000円を支払った場合には、約8万円を月々支払う事に成ります。

 

家賃が8万円以上にして置けば、毎月の収支は黒字に成ります。

 

借入期間が短い事とは、35年は長いですが、出来るだけ早く金融機関への返済をする事です。

 

その為に、繰り上げ返済をするのです。

 

出来るだけ早い時期に繰り上げ返済する事が、総返済金額を減らす事が出来ます。

 

 

自分に金銭の余裕が出たら、繰り上げ返済を考える事です。

 

これによって、金利の変動、いろいろなリスク、を避けやすく出来ます。

 

つまり、金融機関に対して、支払不能に成るリスクを、防止出来るのです。

 

金額が大きいと、返済金額が大きくなるので、家賃を高くする必要が出てきます。

 

しかし、家賃を上げると住居人が入らず、空室リスクが出ます。

 

空室に成ると、自分が金融機関への支払をする必要が出てきます。

 

また、空室リスク、退室時のクリーニング、等、の臨時費が必要です。

 

その為の資金を取って置く必要が有るのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です