中古ワンルームマンション投資。繰り上げ返済は早くすればするほど有利。

繰り上げ返済すると、金利上昇リスクや資産を作るスピードを上げる以外に、支払利息の大きな節約に成ります。

繰り上げ返済した場合の、返済額が試算できるサイトです。

 

https://keisan.casio.jp/exec/system/1256183302

入力すれば、繰り上げ返済した場合の総返済額が出ます。

 

これを見ると、1500万円を2%の金利で30年間借りた場合

利息の支払合計は、4,959,321円に成ります。

 

たとえば、6年目から50万円10年間繰り上げ返済したとすると、

利息の支払合計は、3,276,468円に成ります。

 

170万円近く少なく成った計算です。

車が買えますね。

 

 

又、繰り上げ返済は早く始めれば始めるほど、効果は高く成ります。

例えば、1年目から50万円10年間繰り上げ返済すると、利息合計は2,646,234円に成ります。

230万円程少なく成った計算です。

 

 

 

出来るだけ早い時点から繰り上げ返済して下さい

金融機関によっては、繰り上げ返済開始できる

期間を決めている会社も有ります。

 

良く調べて下さいね。

 

金利上昇リスクを避ける

 

 

上記の物件の事例で考えると、

金利が2%の場合の総返済額は、 19,959,321円です。

毎月の返済額は、55,442円です。

これをベースにして、以下計算します。

 

金利が3%の場合の総返済額は、 22,766,471円  

毎月の返済額は、63,240円。

 

 

1%金利が上昇すると、総返済金額が 2,807,150円増加します。

毎月の返済額は、7,798円上昇します。

 

 

金利が4%の場合の総返済額は、  25,780,172円 

毎月の返済額は、71,612円です。

 

 

2%金利が上昇すると、総返済金額が 5,820,851円増加します。

毎月の返済額は16,170円上昇します。

 

 

金利が1%の場合の総返済額は、 17,368,374円

毎月の返済額は、48,245円です。

 

 

1%金利が減少すると、総返済金額が 2,590,947円減少します。

毎月の返済額も 7,197円減少します。

 

 

どうですか、結構支払金額が変わって来ますね。

出来るだけ早く返済を済ませる事が、いろんなリスクをヘッジ出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です