中古ワンルームマンション投資、確定申告で経費申告!しないと損。

ワンルームマンション投資は不動産賃貸経営なので、確定申告が必要に成ります。

経営する上で必要な費用は経費として認められ、利益から差し引く事が出来ます。

不動産経営に関係無い費用を計上する事は出来ませんが、事業に必要な経費はすべて計上出来ますので、れなく申告する事が重要です。

 

サラリーマンの場合には、もし赤字が出た場合でも、還付金として戻ってくる場合も有ります。

 

 

ですので、先ず何が必要経費なのか、を知る事が重要です。

 

最初は難しいと思うかもしれませんが、書き方は決まっていますので、慣れれば簡単です。

件数が少ない場合には、エクセル等であらかじめ計算式を入れて置けば、簡単に作成する事が出来ます。

 

必要経費の項目と説明

 

1、不動産所得に関する基本的な費用

 

減価償却費

   建物の帳簿上の価値の減少を経費として認められています。

   償却年数は建物に応じで年数が決まっています。

   あとは計算方法が決まっていますので、それを基に計算すれば金額が算出されます。

 

固定資産税

   これは持っている物件を所轄する東京都に収める都税です。

   登録した住所に送付されて来ますので、振込用紙が送られて来ますので、納付します。

 

管理費

   管理会社に支払う管理手数料。

   不動産管理会社とマンション管理組合と定期的に会合が開催され、マンションにおける問題点や改善点を議題を決めて

   打ち合わせします。

 

修繕積立費

   マンションの補修に関して、大規模修繕が必要な場合、等で使用されます。

   不動産管理会社に毎月支払っている費用です。

 

住宅ローン利息

   マンションを購入する際に借り入れたローンは、金利分と元金分を支払います。

   この金利分が経費として認められています。

 

火災保険、地震保険

   マンション本体では無く、自分が保有する区分の部屋に掛ける保険です。

   全額は保証されませんが、一部でも出れば助かりますので、保険を掛けるのは必要ですね。

 

部屋のクリーニング費用

   住居人が退室した後、新しい入居人が決まるまでに、今までの部屋を補修します。

   これをクリーニング費用と言いますが、内容に応じて金額が変わります。

 

部屋のリフォーム費用

   床をフローリングにしたりする場合に、かかる費用です。

   最近では家賃下落を避ける為に、壁を張り替えたり、吊り下げボードを付け替えたり、する場合も増えています。

 

管理会社の手数料

   賃貸管理会社に家賃の回収や、様々の相談や依頼事項に対応して貰う費用です。

   信頼できる管理会社で無いと、家賃回収が遅れたり、次の賃貸人が決まるのが遅れたり、で会社によっては大きな差がありますので、ここは非常に重要なので、高くても相応な金額は必要です。

   等。

2、入居者募集に関する費用

交通費

   物件を調査したり、管理会社に行ったりと、不動産経営に関する交通費については、経費として計上出来ます。

 

電話代

   不動産会社への連絡や、調査する上での通信費用です。

3、マンション管理上必要な費用

パソコン・スマホ代   

   プロバイダー代、機械代、ソフト代、等、資料作成したり、物件を調査する場合に必要な経費として使用します。

プリンターインク代

   印刷に関する費用代

   事務用品代

   ノートやボールペンや、不動産関係で使用した文房具等は、経費として計上出来ます。

4、情報収集の為に必要な費用

新聞代

関連書物代

打ち合わせの為の飲食代

   不動産管理会社との打ち合わせ、管理組合との会合、不動産賃貸管理会社との打ち合わせ、

   不動産関係の情報収集の為の打ち合わせで生じる飲食代

5、オフィス維持の為に必要な費用

通信代

プロバイダー代

水道

光熱代      

全てが不動産賃貸経営の為に使用していない場合には、按分して費用請求します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です