外国人に中古ワンルームマンションを賃貸。新しい市場を取り込んで空室対策。

ワンルームマンション投資ブログで、外国人に貸し出す記事が出ています。

 

今外国人が日本に住む人口は、200万人を超えています。

これから益々増えていきます。

 

留学生でも年間30万人に成ると言われています。

 

このマーケットを取り込むのは、不動産経営にとって非常に重要です。

 

ワンルームマンション投資を副業として成功する為には、リスクを取りながらでも空室を防ぐ事が重要です。

 

しかし、外国人が入居人というと、何か危ない感じがします。

 

しかし、日本の人口がこれから減少に向かう事は確かですので、外国人を入居人とする時代がやって来ます。

 

犯罪

家賃の滞納

生活のルールを守らない

近隣の住民とトラブルを起こす

 

とか、心配ですね。

 

しかし、外国人が部屋を借りる場合には、滞納する事は少ないのです。

 

理由は、滞納して部屋を追い出されると、他に住むところが無いからです。

 

その為、家賃を必死で払う努力をします。

 

日本人には、家賃の滞納者がいます。

 

これは日本人の場合には、賃貸者を強制的に退室させる事が出来ないと、知っているからです。

 

それから比較すると、外国人も日本人も同じです。

 

しかし、賃貸者が外国人なので、外国人とコミニケーションを取れる管理会社が必要に成ります。

 

家賃を回収できるノウハウを持ってる会社が必要です。

 

ある会社では、

 

外国人入居審査では、本国にある実家の連絡先を確認する。

 

実際に電話をかけて、身元の確認をする。

 

万一本人と連絡を取れなくなった場合、本国の実家に電話をかける。

 

日本から本国に直接電話するのではなく、本国に有る提携先から電話する。

 

 

最近では、CVSや飲食店で働く外国人をよく見ます。

 

特に東京では良く見ますね。

 

しかしデータから見ると、2011年の東北沖地震から外国人は減少して来ており、最近やっと戻って来たそうです。

 

中国、韓国、人は今だに過去のピークを回復していないそうです。

 

しかし、

 

今後は東京オリンピックや東京の再開発で労働力が必要に成って来ます。

 

働き方改革で、残業時間が規制され、働く時間が決められると、人間が必要に成って来ます。

 

単純労働者は益々日本人では無く、外国人が増えて来ています。

 

その為には、必ず部屋が必要に成ります。

 

家賃は高くない部屋を選択するでしょうが、こう言った需要を取り込んで行く事が出来る賃貸管理会社と組んでマンション経営を行う事が必要です。

ワンルームマンション投資を失敗しない為、信頼できる不動産会社【GA technologie】
と相談する事が重要です。マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です