低金利の時代に成功するには、都内23区の中古ワンルームマンションに投資する。

不動産投資で長期安定的な収入を得るためには、賃貸需要のある立地を選択する事が第一条件です。

 

でもこれは今の条件を見るだけではなく、将来にわたって賃貸需要があるか、20年、30年、先を見るて判断する事が必要なのです

 

長期にわたって安定的な収入を得るには、東京23区の中古ワンルームマンションが一番です。

 

賃貸需要は住んでいる人間の数に比例します。

 

人口に比例するのです。

 

東京23区に住んでいる人口は1,300万人と言われています。

 

これは日本の人口の10%なのです。

 

面積は、日本の面積の0.5%しかありません。

 

この様な人口がたくさん集まっている場所が、東京23区なのです。

 

地方でマンション経営をする場合には、いくら建物が立派であっても人間の数が少なければ、賃貸需要は少ないのです。

 

物件の価格は確かに地方のワンルームマンションの方が安いですが、賃貸人が居ないで空室が多くなると、収入が入りません。

 

高利回りであっても、入居者が居ないと家賃は入ってこないのです。

 

重要なのは、空室に成る期間を出来るだけ少なくする事が重要なのです。

 

退室しても、すぐ次が埋まっていれば、空室期間は最小限で済みます。

 

確かに将来日本の人口は減少していくと言われています。

 

2060年の推計人口は東京23区でも1,173万人と予想されています。

 

この数は確かに減少していますが、それでも他の地方に比べれば断然多い事が分かります。

 

やはり、長期で安定的な収入を得ようとすれば、東京の中でも東京23区の駅で歩いて10分以内で人気のある場所を選びましょう。

 

ワンルームマンションの物件はどうでしょうか。

 

新築ワンルームマンションの場合には、今では3,000万円の物件もおおくなってきました。

 

しかしこれでは、家賃が高く設定されてるので、お客さんが入らないか、入っても空室期間が長くなってしまいます。

 

その為、毎月赤字が出てしまうのです。

 

新築ワンルームマンションが高く成る理由は、宣伝費や、人件費、パンフレットやWebページの作成、TVやラジオでのCM代、等、販売する為の費用が入っているのです。

 

その他にも、最近の建設費の高騰であったり、そもそも土地が少なくなっているので、土地代が割高に成っているのです。

 

新築物件の場合には、2~3年までは新築と言う理由で、家賃は高く設定できますが、その後は中古ワンルームマンションと同じ価格に成ります。

 

物件も価格も登記した時点で、宣伝費は価値を失いますので、30%価値が下落します。

 

すると、2~3年経つと、家賃収入は下がるし、物件の価値は下がるし、その上中古物件と競合してくると、さらなる家賃の値引きも始まります。

 

ですので、安定した家賃収入を得ようとすれば、東京23区にある中古ワンルームマンションが良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です