借り手の立場になることも大事

リスク割と少ないインカムゲインの不動産投資中さらに初心者に最適とされるのワンルームマンションへの投資です。

そしてこれは戸建て、アパート全棟への投資に比べて総投資額が小さめで、元手がそれほど多くない人も割と気軽に挑戦できたりします。

 

また、物件によりますが、都内都心中古マンション1室なら、2000万円程度から始められます。

ワンルームマンション投資で億万長者目指すの難しいでしょうが、毎月安定した収入手に入れられて、ローン払い終われば将来の私的年金代わりにもなります。

 

都心部のワンルームマンションは需要安定してる傾向で、最近晩婚など影響でワンルームマンション単身入居する人が増えています。

また、投資の考え方、スタンスの違いにより、ワンルームマンション投資を疑問視する方がいます。

 

収入、所有資産の規模によりリスク許容度高い時は莫大な投資額がかかる1棟モノに投資し運用するといった選択する方もいます。

失敗の定義は人により様々で、長期保有前提にした長期にわたる投資が不動産投資と定義します。

 

自己資金使わないで物件ローンで買って、ローン返済は第三者から家賃収入充てる。ローン完済後家賃収入そのまま収入になる考え方です。

売却まで含めプラスかマイナスかトータルで失敗かわかる投資です。

 

そして、ワンルームといっても新築、中古で購入時の価格異なって、当然新築のほうが高額で、売却したいと思ったとき購入額と同じ価格で売れるか、リスクは物件価格高い新築のほうが大きいと思います。

投資始めるのがはやいほどいいと思っていて、20代で不動産投資はじめ50代で完済する。

 

繰り上げ返済してさらには約40台で関西もできます。

はやく始めたほうがローン完済時期早まって家賃収入そのまま収入になる時期が早まります。

 

不動産投資ローンの融資期間35年としたら40代で始めれば70代までローン返済続いて、そのころすでに退職されてることも考えられ、そうれば安定した収入ない状況でローン返済するリスクにもつながってきます。

そして、不動産投資失敗の要因は空室が続く事ですが、入居者いなければ賃貸収入なくてローンかえせなくなる事にもつながり、これを回避するには初めの物件選び誤らないことです。

 

そして、長期にわたる投資で空室出ないことはなくて、あらかじめ空室出る期間もシュミレートしましょう。

物件が駅から近いのは大事で借り手の立場に立って考えればマンションから駅まで徒歩10分内に行けることがこのましです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です