空室リスクの影響など

ワンルームマンション投資のメリットですが、始めやすくて、不動産中割と安くて、少ない資金で投資ができます。

自己資金少ない方でも融資受け始められて、アパートなど1棟物件の価格帯は5千万円程度で、場合により億女得ます。

 

買う時の頭金も今では物件価格の1割程度求められるケースがほとんどです。

また、ワンルームマンションは都心部に建てられてること多くて、庁がつくほど一等地の物件も買うことができます。

 

1棟物件は都心部の土地は高額すぎ採算合わなくて、都心部よりちょっと離れた立地で始めるのがほとんどです。

一般サラリーマンでも資産価値高い都心部の物件手に入れられるのがワンルームマンション大きいメリットです。

 

そして、ワンルームマンション投資は管理に手間かからなくて毎月管理費、修繕積立金払う必要ありますが、その分建物自体管理は基本管理会社がやってくれて、細かい管理の必要はないです。

建物は時間経過するにつれ必ず劣化して、定期的メンテナンスは必須です。

 

共用部の清掃など日常的メンテナンスする以上手間がかかり、大規模修繕の実施も専門知見が必要です。

1棟物件はこれらすべて自分一人の責任でしなくてはなりませんが、ワンルームマンションは管理組合、建物管理会社と協力し進めます。

 

そして、管理費、修繕積立て金を払って、こうした手間など減らせるのは1棟物件にないメリットなのです。

また、ワンルームマンションはエリアでの分散投資が割と容易で、1棟物件は自殺などによる事故物件かみたいに想定外のリスクで1棟丸ごとすべて水の泡になるケースがあります。

 

ワンルームマンションは小額であり、別々エリアごと所有しやすくて、こうした想定外のリスク軽減ができます。

そして、ワンルームマンションは1部屋単位で所有となり、空室リスク影響が大きいです。

 

1棟物件は複数個の部屋があり、1部屋空室になっても残りの部屋から家賃収入が入ります。

ですが、ワンルームマンションはひとたび部屋空室となれば、家賃収入ゼロとなり、区分は1棟と比べて空室リスクへ耐性が低くなります。

 

ワンルームマンション投資で成功するには、2戸、3戸等個数増やして空室リスク減らすことは必須になります。

そして管理費は変わらないことが多いですが、修繕積立金は5~10年の周期で上がってることが多く築年数経過してくにつれ収支圧迫されやすいです。

 

これは管理が楽というメリットの裏返しになって、建物修繕考えなくて良い半面、毎月ランニングコスト発生してきます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です