競合物件が少ないこともメリット

IMG_0563

最近大学生でもワンルームマンション投資をする人が出てきています。

それほどワンルームマンション投資は不動産投資の初心者にトライしやすい物なのです決して高収入でない普通の会社員でもワンルームマンション投資をしてる方は多くて、どうしてそこまでこれは人気なのでしょう。

 

まず挙げられるのは1宗投資に比べて格段に初期投資額が抑えられる点です。

ビル1棟丸ごと買い取るため何千万の資金が必要で、普通なら銀行に融資してもらえる可能性はほぼありません。

 

中古を選ぶとワンルームマンション投資は初期投資を100万から200万程度に抑えられて、リノベーションするより収益見込めます。

流動性高いということも投資をするメリットになり、ワンルームは学生、単身赴任の会社員が踏み、ファミリー向け物件にくらべ流動性が高くて今の入居者退去してもすぐ別の入居者見つけやすいです。

 

入居者見つからないで空室になること避けやすいはずです。

また、ワンルームマンション投資のメリットでわすれていけないのは管理手間暇あまりかからないことです。

 

1棟投資は各部屋以外に建物そのものの管理を定期的にしなくてはならなくて、そのせいで収益より損失が大きくなることがありますが、ワンルームマンション投資はこうしたことがありません。

競合物件少ないこともワンルームマンション投資のメリットになり、これはとにかく需要が高くてエリア選びを間違わなければ学生、単身の会社員などひっきりなしに入居者が訪れて、競合物件に負け入居者いない事態になることがほぼありません。

 

そして、ここまで見たようにワンルームマンション投資は多くのメリットありますが、それゆえ300万円ほどの年収の会社員でも不労所得めざしワンルームマンション投資する方が多いです。

そして、残念なことにすべての方が成功してるわけではないです知っておきたいのは1棟投資に比べて、初期費用安くて、管理費用のデメリットもすくないですが、毎月得られる利回りは1棟投資よりかなり低いです。

 

また、家賃下落するケースがある事もデメリットになり、新築ワンルームマンション買ったら、年数経過するにつれ物件として価値が下がり、同時に家賃下落するリスクが高いです。

空室の状況が続けば損益がかなり出ることも否定できません。

 

また多くの人は単身者向けワンルームでなく結婚後にファミリータイプの物件購入したがって、中古マンションルームを好き好み買う方が多くありません。

その土地の価値自体上昇してないかぎり、売却できても購入時より安い額です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です