これから始める中古ワンルームマンション経営。空室期間を短くする方法。

ワンルームマンションの賃貸人は、1~2年で退室する人が多い。

賃貸人の入居期間を平均すると、1~2年でした。

 

 

次の賃貸人が決める際、時間をかけずに決める為に、家賃を下げる事で早く決める事が出来ると、賃貸管理会社から言われます。

 

確かに賃貸価格を下げる事で、賃貸人は早く決まると思います。

 

空室状態を何か月も続けるよりも、家賃を下げて賃貸人を早く決める方が、年間収入が多く成る説明を賃貸管理会社から受けます。

 

例えば、10万円の家賃だったとすると、

3か月空室の場合、1年間で、9か月が家賃が入ります。

すると、1年間の収入は、10万円x9ケ月=90万円です。

 

5,000円下げて、95,000円にして、2か月で賃貸人を決めた、年間家賃はいくらに成るでしょう。

 

 

95,000円x10か月=95万円です。

 

すると、5,000円家賃を下げて、周辺の家賃相場に合わせて賃貸人を早く決める事で、年間家賃収入を増やす事に成ります。

 

 

 

私の場合は115,000円から98,000円に下げて、早く賃貸人を付けました。

 

リーマンショックの時期で、周辺の家賃が一斉に下がった為です。

 

空室に成るよりは良いのですが、家賃が下がると次の入居人の家賃もこれにならう様に成り、だんだん家賃が下がって来ます。

 

最初は115、000円でしたが、だんだん下がって来ました。

 

 

10万円を超えると、心理的に高いという面も有り、98000円にしました。

 

 

 

確定申告して、最終利益を計算しますが、それでも前月より減少しています。

 

 

この間は自分で家賃、管理費、修繕費を出す事に成るので、資金的にもきつく成りました。

 

しかし周辺の家賃に比較して、安易に値下げばかりする必要は有りません。

賃貸人が決まるまでは、自分が家賃や管理費を支払う必要が有りますので、自分で家賃を負担する必要が有ります。

 

その為にも、余裕資金は必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です