中古ワンルームマンションの売却。ワンルームマンションと換金性。

マンションを売る際には、どこに売れば、早く、高く、手間無く売れるか、考えました。

サラリーマンは時間を取るのが難しく、出来るだけ手間を取られずに高く売れるかでした。

どこに売るか?

方法としては、

 

1、管理会社に売る。

2、一般の不動産物件で売る。

 

でした。

 

先ず、管理会社に見積もりを取ると、1980万円でした。

 

一般の不動産物件で販売すると、出してみないと分かりませんが、同様な物件を管理会社から出して来て貰ってみると、2100万円が妥当でした。

 

 

この場合、管理会社では斡旋費用が掛からないので、2000万円で販売出来ます。

 

一般で販売すると、斡旋費用や、その他費用が掛かるので、2080万円以上で無いと、差が出ません。

 

しかも、一般の不動産物件として販売すると成ると、売買許可書を管理会社に提出して、それから一般の不動産会社が売り出す方法を取りますので、時間がかかります。

 

 

決まるまでの手間も、連絡等を取る事が結構時間を取られます。

 

 

管理会社と交渉の結果、2000万円にして貰い、手間がかからない方法を取りました。

 

計算すると、税金の関係まで考えると、売値は100万円程少なりますが、ほどんど変わらない事が分かった事も有ります。

 

私が試算した方法の詳細はこちら。

 

 

それからは、管理会社とローン会社、司法書士の先生と電話連絡しながら、価格決定後1か月もかからず入金がありました。

 

入金は、管理会社がローン会社に残債分を支払い、2000万円と残債分の差額が私の銀行口座に入金されます。

 

この間は1度担当者と面談しただけで、後は電話連絡で済みました。

 

保険会社との解約手配、司法書士の先生との登記抹消手配、等、全て管理会社がやってくれました。

 

 

ですので、手間がかからず、売る事も簡単で出来ました。

 

 

私はこの金額は、別の金融商品;外国株式に投資しました。

 

結果、上昇局面に有った株は現在30%程度上昇していますので、上がった時点でまたワンルームマンション投資をするつもりです。

 

結論は、購入した管理会社に販売する事が、早く、手間無く、価格的にも変わらない、事に繋がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です