ワンルームマンションの宅配ボックスはインターネットで需要が増えています。

宅配ボックスの数が少ないと、マンションの収益額が下がる恐れが出てきました。

 

最近、将来宅配便業者は、再配達をしないか、再配達の場合は別料金、と言う記事を見ます。

 

宅配ボックスが有るマンションは、その中に入れて置けば、再配達はされません。

 

しかし、この宅配ボックスが有っても少ない物件が有ります。

 

この宅配ボックスが少ない場合には、ボックスに入れられないので、宅配業者は不在票を置いて、帰ります。

 

マンションの住人は、不在票が入っているので、宅配業者に電話をして、再配達して貰います。

 

この再配達が、1回だけに成るとか、有料に成る恐れが出て来ています。

 

宅配ボックスは、大抵マンションの1階にあります。

 

 

 

別室に、郵便関係のボックスと宅配ボックスが置かれています。

 

しかし、この宅配ボックスが有るにはありますが、マンションの部屋数に比較して少ない場合には、すぐ宅配ボックスが一杯に成り、不在票が郵便受けの中に入る事が多いのです。

 

ワンルームマンションの中には、この部屋が小さいので、宅配ボックスを増やそうとしても、スペースが取れないのです。

 

そうすると、改造が必要に成ります。

 

そもそもスペースが小さければ、改造は大きな規模に成ります。

 

マンション管理組合が検討して、見積もりを取り対策を取る必要が出て来ます。

 

おそらく、大きな金額が発生する事に成ります。

 

分譲マンションの場合には、1Fは結構広いスペースが有ります。

 

投資用マンションの場合には、効率的な構造が多いので、無駄なスペースが無いのです。

 

すると、大規模な工事が必要に成って、金額負担が大きく成る可能性が有るのです。

 

 

住居者にして見れば、宅配ボックスが少ないと、宅配業者に電話して、持って来て貰う必要が有ります。

 

これがサラリーマンにとっては、結構あるのです。

 

単身の場合には、帰りが遅く成り、夕方を指定していても深夜に成る事も有ります。

 

その時、不在票が入っていると、宅配業者に電話する手間が出てきます。

 

最近の宅配業者への連絡は、スマホから番号を押して再配達の日時を入力して決める場合も有ります。

 

忙しい時、これは意外とめんどくさく、特に忙しい方は次の日、次の日に成ってしまいます。

 

再配達が有料化されれば、住居者は金銭的な負担が出てきます。

 

すると、入居者は退去する可能性が高く成って来ます。

 

 

1回退去すると、部屋のクリーニング、が必要に成ります。

 

又、次の入居者が決まるまでに、1~2か月かかります。

 

すると、この空室期間の家賃分を自分が負担する必要が出てきます。

 

家賃によりますが、10万円~20万円、かかる場合も有りますね。

 

 

宅配ボックスを部屋の玄関につける事が出来る様に成るかもしれません。

 

最近では、個人宅用に宅配ボックスを売り出すメーカーが出て来ています。

 

このボックスでも、数万円するはずですね。

 

この管理も大変です。

 

 

つまり、宅配ボックスの数が少ないだけで、年間の収益率が変わってくる可能性が有るのです。

 

ですので、ワンルームマンションの価格だけでなく、こういった住居者に不便な点が無いか、確認する事が重要なのです。

 

退去者が出やすいワンルームマンションは、大家の金額負担が発生します。

 

それを防ごうとすると、家賃を下げる事にもなりかねません。

 

例えば、5,000円下げると、年間6万円です。

 

マンションの価格や立地だけでなく、住居者が住みやすい、ワンルームマンション【GA technologie】 を購入する事が重要なのです。

 

 

この様な事を相談して、ワンルームマンションの物件を紹介して貰う不動産会社マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】 から購入する事が重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です