どのタイプ?東京の投資物件として成功するなら間取りは狭いけど、ワンルームマンション。

投資用マンションとして、サラリーマンが購入するのはどのタイプが良いのでしょうか。

 

区分マンション、タワーマンション、ファミリーマンション。

 

タワーマンションは、湾岸地域に建っている場合が多く、資産価値としても人気が有ります。

 

価格が下落しにくく、場所によっては値上がりしています。

 

節税対策として、タワーマンションは注目された事も有りました。

 

Highrise Apartment Building

タワーマンションは、同じ広さの部屋でも、上層階程取引価格が高く成ります。

 

しかし、相続税の算定基準の固定資産税評価額は床面積で計算されるのです。

 

その為、上層階と下層階の物件では、広さが同じで有れば、固定資産税評価額も変わらないのです。

 

この取引価格と固定資産税評価額の差を活用した方法が、タワーマンションの節税方法なのです。
 
 

しかし最近では、この税制は見直しされました。
 
 

その為、タワーマンションでのワンルームマンション投資は、あまり無く成って来ました。

 

それは価格面でタワーマンション物件は高い、のです。

 

ワンルームマンションタイプでも、3000万円を超えるものも珍しくありません。

 

この部屋を貸し出す場合には、家賃が30~40万円しますので、借りる事が出来る人は限られています。

 

この様な部屋は、一旦空きが出るとなかなか埋まりません。
 
 

又、修繕費用や設備の交換、クロスの貼り替えなど、高額に成ります。

 

エントランスやプール、ゲストルームなどの共有部分も豪華なので、月々の管理費が高く成ります。

 

初期投資も費用面も高く成るので、経営としては難しいですね。
 
 
 

ファミリーマンションの場合はどうでしょうか。

 

価格もタワーマンションに比べれば、安価に成っています。

 

中には、いずれ自分や家族が住めるという考えで、ファミリーマンションを購入して賃貸に出す人も居ます。

 

投資と言う観点から言うと、効率的では有りません。

 

自分が住むと言う事と、人に貸す為のマンションは造りから違うからです。
 

自分は3LDKでも良いが、なかには2LDKで良い人も居ます。

 

ファミリーマンションのニーズは様々なので、借りる人が絞られて来ます。

 

都内の賃貸市場の置いては、ファミリータイプの物件の占める割合は、少ないのです。

 

ファミリーマンションの場合には、賃貸家賃が高いので、購入しても毎月の支払額が変わらないのです。

 

家賃を安くすると客はつくでしょうが、ローン返済できなくなります。

 

家賃を高くすると、客はつかなくなります。

 

また、ファミリーマンションの場合には、部屋を決める権限のある人が複数いるので、入居者がなかなか決められないのです。
 
 

その為、一旦空室に成ると、なかなか埋まらない状況に成り、マンション経営としては不利に成ります。

 

ワンルームマンションの場合には、価格も安く、利回りも良く成ります。

 

価格も安価な物もそろっており、借入するにしても最小限に出来ます。

 

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

 

入居期間はファミリータイプに比較すると、短く成りますが、入居者は比較的短い期間で決まる事が多いです。

 

空室期間は1ヶ月を切る場合が多く成っています。

 
空室期間が短く、家賃が途切れないので、長期に渡って安定した賃貸運営が可能す。
 
 

また、修繕費用やクリーニングと言ったランニングコストも抑えることができます。
 
 

ファミリータイプの場合、部屋が複数あるため、退去後の内装工事費用も高額になります。
 
 

ワンルームの場合、およそ1ヶ月程度の家賃で工事費用を賄うことが可能です。
 
 

また、居室も一部屋しかないため、工事期間も1週間から10日程度で終わり、空室期間を短くすることができます。
 

 

このように投資効率の観点でいえば、タワーマンション、ファミリータイプ、そしてワンルームを比較した時、ワンルームが最も優れています。
 

 
ワンルームマンションで失敗しない為には、信頼できる不動産会社【GA technologie】 と相談する事が必要です。マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です