これから中古ワンルームマンション経営する人の、退室時の部屋のクリーニング知識。

退室した後は、次の入居人が入るまでに、部屋のクリーニングが必要です。

 

ワンルームマンションでのクリーニング費用は、比較的安価で済みます。

ですので、敷金から大抵は支払う事が出来ます。

 

しかしながら、壁紙の張替えや、部屋の補修が必要な場合には、敷金で足らない部分を、オーナーが支払う必要があります。

床もフローリングが汚れて綺麗に貼り直すとすると、大変な金額が必要です。

この費用は、経費で落とす事が出来ます。

 

大事なのは、早くクリーニングを行い、空室期間を短くする事が重要です。

長引けば、それだけ自分が家賃を負担する必要が出てきます。

10万円の家賃で、1週間では約2~3万円自分が負担する事に成ります。

 

 

 

 

退室すると、その日から数えて1~2週間程度で、クリーニングに入ります。

最近はクリーニング業者も忙しく、スケジュールの調整が必要です。

 

これも賃貸管理会社がやってくれますので、特にオーナーは何もする必要は有りません。

 

クリーニング業者が部屋を見て、クリーニングが必要な個所をリストアップして、見積もりが出てきます。

 

それをオーナーが見て、内容と金額を確認します。

 

問題が無ければ、発注をします。

 

費用が敷金を超えない様に、依頼して値引きする事も有ります。

 

ワンルームの場合には、設備や什器も少ないので、総費用は10万円以内で済みました。

 

後は何もする事は有りません。

 

支払いは、敷金の中から支払われ、余った場合には指定の口座に振り込まれます。

 

これも賃貸管理会社でしっかりしている会社を選べば、手間はかかりません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です