これから中古ワンルームマンション投資するなら、東京都心が良い理由

東京都心の物件が良い理由

東京は2020年のオリンピック開催を始め、様々な場所で再開発が計画されています。

益々便利な都市に変貌を遂げています。

この傾向は益々強くなっており、今後も続くものと思われます。

 

 

企業も東京に益々集中しています。

大阪に本社がある会社でも、マーケティング部は東京に有るとか、関係会社は東京に置いているとか、増えています。

 

会社としても、情報が集まる東京の方が企業活動がし易い訳です。

 

 

会社が東京に移動すれば、それにつれて働く人間も東京に転勤して行きます。

家族が関西や地方に住んでいる場合には、東京に単身赴任する人も増えてきます。

その家族も東京に移動するので、益々東京都心への人口流入が起きます。

 

それを受け入れる東京は、益々開発され発展していきます。

この循環が続く東京は、今後も人口が増えていきますので、賃貸需要が発生します。

図:東京都心の主な再開発

東京都心には、安定した賃貸需要が有ります。

東京都心には様々な、そしてたくさんの賃貸需要があります。

安定した賃貸需要が有ります。

簡単にこれが無く成る事は有りません。

これからも、益々増える傾向です。

 

企業が集まり、

工場が集まり、

大学や学校が集まり、

これにつれて、人間が集まって来ます。

 

将来に渡って、ここまで大きな賃貸需要が有る場所は有りません。

 

だから、東京都心が良いのです。

 

 

東京都心は人口が増えています。

現在も東京都心は人口が多いですが、将来も人口が増えていく傾向は,都道府県別転入超過数(2015年)を見ても分かります。

 

総務省統計局ホームページ/全国の移動状況報告 平成27年 資料参照

国立社会保障・人口問題研究所から全国の総人口に占める各地域ブロックの総人口の割合のグラフを見ると、2040年には関東地域の人口比率は、さらに上がっています。

 

東京都心の賃貸需要は安定して有る事が分かります。

 

総務省統計局ホームページ/住民基本台帳人口移動報告 平成27年 結果資料参照

 

東京に本社を置いている企業が多い。

 

総務省統計局が出している資料を見ると、東京、神奈川、埼玉、千葉、と言った首都圏の事業所の全国に占める割合が高いのが分かります。

 

従業員数も同じ傾向で有る事が分かります。

 統計局ホームページ 平成24年経済センサス‐活動調査(確報) 産業横断的集計(基本編)資料参照

 

学校の数が多い

企業が東京首都圏に有る比率が高いので、そこで働く人々も多いので、自然と学校の数が多く成ります。

すると地方には有名な大学も少ないので、東京首都圏の大学に進学してくる学生も増えています。

 

そこで賃貸需要が出てきます。

 

近年では、大学も都心回帰の現象も有りますので、益々東京首都圏での賃貸需要が生まれています。

 

この傾向は変わりません。

 

利便性が高い

賃貸者にとって生活する上での利便性が高い事は重要です。

 

CVS、スーパー、飲食店、ホームセンター、病院、と言った生活していく上での便利性は大きな必要項目です。

 

移動も電車、バス、と言った通勤、通学も郊外よりも都心の方が便利です。

 

東京首都圏はそういった意味でも、全国1位です。

 

 

都市開発計画

東京首都圏は、たくさんの都市開発計画が有ります

全国市街地再開発協会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です