投資用ワンルームマンションを購入する際、入居率99.9%と言う賃貸管理会社から購入すべきなのか?

高利回り不動産を買い若くして引退した方法

なぜ入居率99.9%と言う高い入居率を実現している、賃貸管理会社からマンションを購入するのか?

 

ワンルームマンション投資に失敗しない為には、自分が所有している中古や新築ワンルームマンション物件を、どこの賃貸管理会社【GA technologie】 に任せるかは、空室対策に非常に重要です。

 

入居率99.9%の入居率、とか賃貸管理会社は、どの様な努力をしているのでしょうか。

 

 

単に、中古や新築ワンルームマンション購入した物件の、立地だけでは出来ませんよね。

 

サラリーマンがワンルームマンション投資する場合には、この入居率管理が大変重要なのです。

 

逆に言えば、サラリーマンが本業の仕事をしながら、利益を最大にするためには、この賃貸管理会社との、打ち合わせの場でしか対策は有りません。

 

ですので、サラリーマンのワンルームマンション経営にとって、この賃貸管理会社を選ぶ事が最も重要な対策の1つです。

 

一般的に通常賃貸管理会社は、入居率を高める為に、

 

外勤の営業マンの体制

 

内勤のスタッフやコンピューターによる賃貸管理システム

 

の両輪の体制を持っています。

 

 

空室情報を賃貸仲介会社(アパマンショップの様な町にある不動産会社)に発信したり、

 

内装工事の7日以内の完了して、部屋の内見会を早める

 

外国人入居者の受け入れなど、で入居対象者を広げる

 

法人への借り上げ社宅として、売り込む

 

などをします。

 

この中で、最も重要なのが、

 

仲介会社と信頼関係を築き、空室物件をお客様に勧めやすい体制を整える事、と言われています。

 

人間が人間に頼むのですから、人間関係は最も大切ですよね。

 

しかしそれだけでは、その賃貸管理会社の物件を取り扱ってくれるわけでは有りません。

 

やはり、仕組みとして入居者が住みやすい物件を紹介出来なければ、長続きしません。

 

ではどうやっているのでしょうか。

 

既に入居者が居るワンルームマンションでは、入居者から退去の連絡が入ったら、出来るだけ早く(翌日か翌々日)、数1,000社の仲介会社に物件情報を配信します。

 

この時、メールやFAXだけでは仲介会社も動いてくれません。

 

ここで、賃貸管理会社と仲介会社の信頼関係の強さが生きて来るのです。

 

ワンルームマンションの物件も、様々です。

 

条件も悪い物件も有ります。

 

駅から遠い。

 

部屋が狭い。

 

築年数が経過して、建物が古い。

 

しかしその中でも、良い点も有るはずなので、その良い点を仲介会社に伝えています。

 

これも、仲介会社との信頼関係があってはじめて、こうした情報発信の量やスピードが活き来ます。

 

仲介会社の店舗は東京都内には、数1000店あります。

 

この店舗に行って、人間関係や自社物件のメリットやデメリットを伝えて置くのです。

 

数1,000店舗も営業が出来る会社は、やはり限られて来ます。

 

特に繁忙期では、仲介会社も遅くまで営業している場合が多いです。

 

 

この様な時間帯でも、要望が有れば連絡を取れないと他社に紹介者が流れてしまいます。

 

ですので、営業マンだけでは無く、内勤者の仲介会社への連絡体制も作っています。

 

仲介会社も人事異動が有りますので、2~3年したら店舗を変わる方も多いです。

 

すると新しい人に、又挨拶に行く訳です。

 

その店舗数が数1000社有りますので、大変です。

 

しかし足を使って成約に持ち込める様に、しているのです。

 

内勤のスタッフ体制も重要です。

 

仲介会社専用のホームページを作っている会社が有ります。

 

物件の退去予定、空室状態、の詳細の状況をリアルタイムで見える様にしています。

 

これならば、仲介会社に来たお客さんに、最新の状況をお知らせ出来、物件の詳細な内容をお伝え出来る訳です。

 

 

実際私も、東京でワンルームマンションに賃貸で住んでいるのですが、物件を選ぶ際に、仲介会社は私の条件を聞いて、退去予定の物件を紹介してくれました。

 

そして、その物件の写真や装備の画像を見せてくれた以外にも、その物件までついて来てくれて、外見だけですが、見せてくれました。

 

私は、その場で借りる事を決めました。

 

未だ入居者が居るのに、次の入居者が決まった訳です。

 

 

この場合、空室期間はクリーニング機関が入れて、3週間程度に成るのです。

 

すると空室期間の家賃の自己負担は、最小限に抑えられるのです。

 

日割りで、家賃が入るので、少しでも空室期間が短い方がサラリーマン大家としては助かるのです。

 

こう言った、

 

仲介会社との信頼関係を築きながら、

サラリーマンが安心してマンション経営を行えるよう、

入居率と空室日数にこだわる、

 

賃貸管理会社【GA technologie】 を選ぶ事が重要なのです。

 

マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です