中古ワンルームマンション、その物件は修繕積立金を積み立てているか?

不動産を長持ちさせるには、マンションの修繕は必要です。

新築で購入したとしても、早くて数年後には修繕費用が掛かってきますし、中古の場合だとすぐに修繕箇所が見つかるケースもあります。

 

通常は修繕積立金として、マンション組合が不動産管理会社と相談して、毎月の家賃の中から積み立てていきます。

その中から修繕費用として、支払っていきます。

 

 

特に築年数が古く成る毎に、その負担額は確実に発生するとみて置いて下さい。

 

また、綺麗に使用していても、修繕は発生します。

 

 

屋根・外壁の修繕(戸建・アパート)

給湯器の交換

配管設備の交換

電気配線関係の交換

エレベーター設備の修繕

その他

 

建物が建った時からだと10年目ぐらいに大規模修繕費用が掛かると思っていてください。

 

私の場合は、CR建築でしたが、15年目に実施しました。

 

 

 

その費用は家賃の収益で少しずつ積み立てていくのが通常の方法ですが、大規模な修繕の場合はその積立だけで足りない想定をしておくのも重要です。

 

その為には、余裕資金を持っておく必要が有ります。

 

退室する際にも、次の賃貸者が決まるまでに、部屋をクリーニングします。

 

賃貸住宅は賃貸者も自分の家ではないので、大事に使用する意識は低いので、自分で住む時より住宅が痛むスピードが速くなってしまうものです。

 

大きな補修が無ければ、敷金内で出来ますので、追加の費用負担は有りません。

 

 

しかし、

 

 

電気系統の故障

クーラーの故障

フローリングの補修

壁紙の全面貼り替え

等々

 

 

賃貸者が退室した際には、敷金以外の費用負担はあると思った方が無難です。

 

 

やはり、余裕資金は持っていた方が無難です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です