これから中古ワンルームマンションに投資するなら、分譲マンションか投資用マンションか

投資用マンションか分譲マンションか

ワンルームマンションの中には、投資用として建築された投資用ワンルームマンションと、分譲住宅マンションの中に作った分譲用ワンルームマンションが有ります。

 

一般的に

 

分譲マンションは、購入者が居住するので、住み心地にかかわる設備、仕様、サービスなどが充実しています。

エントランスも豪華、綺麗にしており、共有部分もしっかりした造りに成っています。

 

ですので、高めの家賃設定をしても借り手が付きやすく、収益性が良く成る可能性が有ります。

 

 

投資マンションは、利回り、資産価値、価格上昇期待、などが重要なので、狭い間取りで、機能優先です。

価格も手ごろで、賃貸者が付く可能性が高く、空室リスクを下げる事が出来ます。

 

 

 

分譲マンションを購入して住んでいる方は、住んでいる人との人間関係や、住居環境を大切にします。

賃貸者は一時的に住んでいるので、住んでいる人との人間関係はあまり大事にしません。

 

 

建物への大切に扱う心や、マンションの管理組合の決め事にも、多少希薄に成るのは仕方ありません。

その為に、住居している人とのトラブルに発展する場合が有ります。

 

 

最悪、管理組合から賃貸禁止の決議が出されると、賃貸が出来なくなるリスクが有ります。

ですので、分譲マンションの場合には、賃貸人を決める際には、審査を注意する必要が有ります。

 

投資用マンションの場合は、住居人は2~3年で変わって行くので、人間関係でもめる事は少なく成ります。

 

 

どちらが良いかは、一丁一旦が有りますが、

資産としては分譲マンションが設備も建築構造も比較的優れている物件が多いです。

 

 

投資用マンションは、オーナーが賃貸料を得る為で有ったり、資産として持っておく事ですので、オーナーの考えは同じ価値観です。

 

しかし、分譲マンションは自分が住む為に、購入している場合が多いので、賃貸料を得る為では有りません。

 

その為、大規模修繕をする際にも、考え方が違ってきます。

 

資産としては、価値を落としたくないので長期的に費用が掛かる事は必要と判断するでしょうが、住居している人は住めるだけで十分な訳ですので、大規模修繕等の大きな費用は避けたい人も出てきます。

 

 

物件は必ず見学が必要です。

分譲マンションでも投資用マンションでも、購入する前には見学が必要です。

賃貸管理会社、等、で購入する場合には、購入の意思を伝えて、物件を抑えて貰う事が出来ます。

 

押さえておいてからでも良いので、物件を見る事が必要です。

エントランス、廊下、エレベーター、ロッカー、自転車置き場、等、しっかり設備を見てください。

 

自分でも住んでみたい!と思う物件ならば、お客さんも住んでみたいと思うはずです。

 

今は物件の数が少なく成って来ており、購入者も多いので、良いマンションは取り合いに成ります。

 

 

地方に住んでいる人は、物件が出たからと言って、見学は出来ません。

ですので、不動産売買・仲介会社や賃貸管理会社の営業担当者と良い関係を作って置き、自分の欲しい物件を伝えておく事が重要です。

 

 

また、最近ではインターネットが有りますので、賃貸マンションサイトを開けて物価名を入れれば、画像が乗っている事も多いので、参考にして下さい。

 

グーグルマップでも見る事が出来ます。

ワンルームマンション投資を失敗しない為には、信頼できる不動産会社【GA technologie】
と相談する事が重要です。マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です