業績好調!ワンルームマンション販売会社。と言う事はマンション経営ビジネスは有望なのです。

2016年のワンルームマンション会社の業績が出て来ている。

業績が好調な会社が多く、新築ワンルームマンションの需要はおおせいであった事が伺える。

 

株式公開する会社も有り、業界の活性化も伺える。

 

この理由としては、ワンルームマンション購入者の年齢層が変わって来ており、20代の若者から50代のシニアまで、幅広く買われており、購入対象者市場が広がって来た。

 

女性の購入者も増えており、働く女性が増えるとともに、購入者も増えている。

 

 

又、金利の低下により、金融機関からの借り入れがし易く成っており、頭金が少額でも借り入れ可能な事例も多い。

 

東京でのオリンピック開催以降も、東京の再開発は多く、東京での賃貸需要が増えると見られている事も大きい。

 

 

購入動機は色々だが、転売する資産運用としてというより、家賃収入を年金代わりに考えている人が増えている。

 

2017年度は新築ワンルームマンション販売の売上は減少するとの見方が有ったが、6月期の売上実績が出ている内容を見ると、好調が続いている。

 

この状況を見る限りでは、ワンルームマンションに住居するニーズは潜在的に強い、と言う事だ。

 

東京都への人口流入率もプラス圏にあり、その受け皿として、まだまだワンルームマンションが必要に成ってくる、と思われる。

 

東京での立地の良いワンルームマンションは需要が有り、空室リスクも少なく、安定した経営が出来る。

 

ワンルームマンション投資に失敗、と言う人の声を聴きます。

 

しかし、足元のワンルームマンション販売は好調と言う事は、賃貸経営ビジネスがまだまだこれから価値が出る、と考えている人が多いと言う事です。

 

銀行に預けても、ほとんど金利が付きません。

 

株式投資やFXは資金が無く成る可能性も有ります。

 

実は立地の良い東京に有る、新築ワンルームマンションは、資産価値としてある、と見ている人が多いのです。

 

ワンルームマンション投資は失敗しな不動産会社【GA technologie】
を選ぶ事が重要です。

マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

 

 

以下は、最近の新築ワンルームマンション販売会社の業績記事の抜粋です。

 

アーバネットコーポレーション、増収増

2017/5/23 12:13

 

【増収増益】17年6月期は投資用ワンルームマンションの販売が好調。不動産仲介や賃貸も伸び、大幅な増収増益を確保。年間配当は4円増やす。18年6月期は広いマンション用地の仕入れが難しくなったことからアパート建設に注力。数棟を売却して収益に計上。仲介・賃貸も伸びる。増益基調が続く。

デュアルタップ、増益続く

2017/5/23 12:13
 
 

【増益続く】17年6月期はアパートローン金利の低下を追い風に、投資用ワンルームマンションの販売が増える。機関投資家のほか、資産形成を目指す若者の引き合いも強い。増収増益。18年6月期も投資用マンションの販売が増える。マンションの管理戸数が増え、管理手数料が伸びる。増益基調が続く。

ディア・ライフ、増収増益

2017/5/18 20:20
 
 

【増収増益】投資用ワンルームマンションが相次ぎ完成。不動産販売業や個人投資家への売却収入が増える。マンションのモデルルーム向けの販売員派遣サービスも好調。増収。コスト増を補って増益。

【マンション開発】東京・台東で分譲マンション用地を取得。単身者や共働き世帯の利用を見込む。

 

プレサンスコーポレーション、最高益更新

2017/5/17 17:01

【最高益更新】不動産販売はワンルームマンションが独身者や高齢者向けに伸びる。富裕層の資産活用でマンションの1棟販売も大幅増。管理物件の家賃収入も堅調。建設費高騰を吸収し純利益は最高更新。

 

<JQ>アーバネットが反発 今期利益と配当の予想を上方修正

2017/4/21 10:58

(10時50分、コード3242)反発している。前日比24円(6.2%)高の414円まで上昇した。20日の取引終了後、2017年6月期の連結純利益が前期比23%増の14億円になりそうだと発表した。従来予想は12億円だった。年間配当は従来予想から2円積み増して20円(前期は16円)とした。業績と配当の予想をともに上方修正し、好感した買いが入った。

 投資用ワンルームマンションを開発しており、不確定だった物件売却などの利益計上を予想に反映した。配当性向の目安を35%に置いており「利益の上振れ幅は開示するほどの大きさではなかったが、配当引き上げに伴い業績予想も修正した」(管理本部)という。売上高は子会社の再販事業の見通しを慎重にみて、従来予想から引き下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 

 

プレサンスコーポレーション、最高益

2017/2/23 18:08

【最高益】17年3月期は三大都市圏で進めるワンルームマンションや家族向けマンションのドミナント戦略が奏功。純利益は過去最高。18年3月期は大型物件の受注も好調。建設費の高騰を吸収し増収増益。

サムティ、マンション好調
2017/2/23 18:03
 

【マンション好調】首都圏や大阪府などで賃貸向けのワンルームマンションの好調が続く。北海道、九州、中部など開発案件の地域も広げ増収。訪日外国人利用が堅調でホテルの稼働率が高まる。最終増益。

シード平和、税引き利益増

2017/2/23 16:39
 

【税引き利益増】ワンルームマンションや家族向けマンションの需要が底堅い。大手デベロッパーとの関係強化し、工事の進捗率高める。大阪、京都、滋賀でも営業を積極展開。販管費増も税引き利益増。

ASIAN STAR、不動産販売が好調

2017/2/21 17:05
 

【不動産販売が好調】横浜市内を中心に戸建ての販売戸数を増やす。東京都内の物件も販売し不動産販売の売上高は大幅増。安定収益源の不動産管理は国内のワンルームマンション管理の収入が順調に増加。投資用物件のあっせんを積極的に取り組み不動産仲介も伸びる。資本提携先の中国企業と連携強化。

デュアルタップ、投資物件好調

2017/2/20 18:58
 

【投資物件好調】アパートローン金利の低下が追い風。若者向けに投資用ワンルームマンションの販売増える。私募REITへの売却案件も。増収増益。

【仕入れ】東京都の神田駅近くに約45坪のマンション用地を購入。購入額は前期末の純資産の3割を超える。19年6月期に完成し、収益に計上する予定。

グッドコムアセット、ワンルーム好調

2017/2/20 18:58
 

【ワンルーム好調】業者や個人向けにワンルームマンションの販売堅調。地方公務員の名簿をもとに職場などに電話勧誘。表面利回り4%強の物件を販売。アパートローン金利低下が追い風。東京だけでなく電話勧誘で全国の顧客を開拓する計画。増収増益。中国の上海に現地法人設立。中国人への販売狙う。

ディア・ライフ、物件売却好調

2017/2/14 15:49
 

【物件売却好調】投資用ワンルームマンションの販売業者向けに物件を売却する事業の好調が続く。マンションのモデルルーム向けにスタッフを派遣する不動産関連の人材派遣も好調続く見込み。経常増益。

【賃貸不動産取得】両国駅近くに6階建ての賃貸住宅を取得。リニューアルし賃料収入の拡大を狙う。

プロパティエージェント、増配

2017/2/14 13:59
 

【増配】17年3月期は投資用ワンルームマンション「クレイシアシリーズ」が好調。販売価格を計画よりも引き上げ。通期の利益予想を引き上げ、増益幅が予想比拡大。上場1年を記念した記念配10円を新たに上乗せし年間配当は27円に。中古マンションの相場情報をインターネットで提供する新事業を展開。

 

 

アーバネットコーポレーション、上振れ余地

2017/2/14 13:59

【上振れ余地】今期に計上予定の投資用ワンルームマンションは、販売契約がすでに完了。販売戸数が減るが単価が上昇。不動産の仲介事業が想定より好調で、業績は若干上振れ余地。広いマンション用地の仕入れが難しくなったため、アパート建設を始める。今期1棟、来期は数棟を建設し売却する予定。

エフ・ジェー・ネクスト、上振れ

2017/2/8 20:03

【上振れ】17年3月期は業績が上振れペース。投資用ワンルームマンションやファミリーマンションの販売好調。利益はすでに通期業績予想を上回る。土地の仕入れ価格が上昇するほか、建設コストも高止まりし営業減益だが、減益幅は縮小する見通し。18年3月期は建設コストが重荷。増益確保は難しい。

 

サムティ、マンション好調

2016/11/24 18:00
 

【マンション好調】16年11月期は分譲、投資用マンションの需要が伸び増収。法人税が増えて最終利益は微増どまり。17年11月期は首都圏などで新規開発のワンルームマンションの好調が続き増収増益に。

 

プレサンスコーポレーション、最高益

2016/11/22 15:22
 
 

【最高益】ドミナント戦略を進める三大都市圏でワンルームマンションやファミリーマンションの販売が増加。大型物件の受注も好調。開発用地の取得費、建築工事費の上昇を補い純利益は過去最高を更新。

 

シード平和、税引き利益増

2016/11/22 15:22

【税引き利益増】ワンルームマンションやファミリーマンションの建築が伸びる。大阪、京都、滋賀などで営業活動を積極展開。大手デベロッパーとの関係強化に努める。販管費増などを補い税引き利益増。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です