低金利の今、成功するマンション経営は、ワンルームマンションタイプです。

ファミリーマンションよりは、ワンルームマンションの方が安定して収入が得られます。

 

マンションは家族世帯が住むファミリー型マンションと、単身赴任者や独身が住むワンルームマンションの2つに大きく分けられます。

 

どちらが安定した収益を上げられのでしょうか。

 

ファミリーマンションの場合には、家族で済むので3LDKや4LDKと部屋数も多くなり、部屋の広さも広くなりがちです。

 

その為、物件価格も高めに出される傾向があります。

 

しかしながら、人数の多さに比例して、ワンルームマンションの家賃の数倍に成るとは限らないのです。

 

すると、家賃収入としては、ワンルームマンションに比較して、ファミリーマンションは割高に成るのです。

 

リフォーム代やクリーニング費用ですが、これも部屋の大きさに比例して金額が高く成ります。

 

ワンルームマンションの場合には、一回のクリーニング代は10万円前後なのですが、ファミリーマンションの場合には、20万円をこえることはめずらしくありません。

 

空室期間も、ある会社のデータによれば、ワンルームマンションの空室期間は1ヵ月程度ですが、ファミリーマンションの場合には空室期間が引っ越しの時期を逃すと、数カ月かかるとされています。

 

この間、家賃を自分で払う必要があります。

 

ファミリーマンションの場合には、物件の金額が高いので、ローンの金額も20万円/月程度に成ります。

 

すると、3ヵ月空室が出た場合には、60万円の出費になります。

 

これでは困るので、家賃を下げて貸し出す事に成ります。

 

すると、家賃収入が減って、利回りが悪くなるのです。

 

物件が高いと、固定資産税や大規模修繕費用も面積や価格に応じて変わるので、高く成ります。

 

ローンで購入する際には、金額が大きい分ローン返済金額も大きくなりますので、リスクが高まるのです。

 

ファミリーマンションの場合には、物件を決定する人間が家族に成りますので、どうしても多くなります。

 

その為、なかなか意思決定が出来ずに、長引くのです。

 

ワンルームマンションの場合には、

 

リフォームやクリーニング代も安く済みますし、空室期間も1ヵ月程度ですし、自分が住むだけですので、決定権者は自分だけなので早く決定されるのです。

 

たとえ空室に成って金額負担する事に成ったとしても、家賃10万円としても1ヵ月分の10万円で良いのです。

 

東京には人口の流入が続いていますが、その内訳は若い人が多い傾向があるのです。

 

すると、需要が多いのもファミリーマンションよりもワンルームマンションの方が多いのです。

 

安定的に家賃収入を得るには、ファミリーマンションよりはワンルームマンションの方が良い事が分かります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です