中古ワンルームマンションを購入する時は、新耐震基準を選んでください。

中古ワンルームマンションを選ぶ際には、新耐震基準を選んでください。

 

中古ワンルームマンションをネットで見てみると、周りの物件に比較して安い物件が見つかります。

 

でもこれ良く見て下さい。

 

築年数がかなり前の、新耐震基準前に建設された物件かもしれませんよ。

 

東京は地震が多いので、地震に対する耐震強度が必要なのです。

 

建築基準法で定められた耐震基準は1978年の宮城県沖地震の被害を教訓にして1981年6月に施行されました。

 

新耐震基準は、震度6強以上の地震で倒れない住宅、とされています。

 

実際に阪神淡路大震災の時、東日本大震災の時、熊本地震でも、新耐震基準で建てられた分譲マンションタイプのワンルームマンションの倒壊は1棟も無かったと聞いています。

 

旧耐震基準のマンション物件では、倒壊している事例が多かったのです。

                 境有紀のホームページから抜粋

 

ですので、中古物件に投資するならば、新耐震基準に適合している物件を選ぶことが、あなたの資産を守る事です。

 

確かに、物件価格が安く、便利な場所に建設されているので、家賃収入から考えれば、回収期間も短くて済みます。

 

しかしながら、倒壊してしまっては元も子も有りません。

 

それどころか、倒壊した場合の撤去費用や、老朽化したマンションを放置していたとして、オーナー側に責任が発生しては大変です。

 

これはアパートの事例ですが、老朽化したアパートが倒れて、入居者がなくなった結果、その管理責任を問われて、賠償責任が発生した事例も有りました。

 

倒壊してしまうと、ローンが残ったままに成っていますので、家賃収入が途切れた上に、ローン返済があるので、返済負担が大きくのしかかる事に成ります。

 

中古ワンルームマンションは人が住んでいるのですから、やはり安全な場所を提供する事がオーナーとしての責任に成ってくるのです。

 

最近では大規模地震が発生するという予測のニュースが流れています。

 

もし東京で大地震が発生したらどうでしょうか。

 

大変の事に成るでしょうが、新耐震地震のマンションを所有しておれば、安心感が増します。

 

資産が安全に守れるのです。

 

ワンルームマンション経営は数10年にわたって経営していくものです。

 

将来何があるかは分かりません。

 

しかしながら、予想出来る事に手を打っておくことで、あなたの資産が守れるならば、安いからと言って旧建築基準の物件を選んではいけません。

 

ネットで写真だけを見ると、とても中古とは思えないほどきれいです。

 

新築と間違えるほどです。

 

しかしこれは、綺麗な服を着た老人と同じで、外見はきれいでも中の骨や内臓は年取って無理が聞かない、のと同じです。

 

中古ワンルームマンションで安心な経営をするならば、新耐震基準のワンルームマンションを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です