サラリーマンの副業NO1。兼業禁止に当たらない中古ワンルームマンション投資。

サラリーマンがマンション経営をする事は、会社規定に有る兼業には成りません。

ですので、副業として取り組むのは、安心です。

親からマンションや家屋を相続された場合が良くありますが、兼業とは見られないのと同様です。

但し、会社によっては指摘が入る事も有りますので、良く調べて下さい。

しかしながら、会社にアピールする必要も無いので、会社の中ではしゃべらない方が良いですね。

 

会社に不動産収入が有る事を分からない様にする方法

 

本業の収入をと不動産からの収入の合わせた住民税の額が、市役所を通じて本業の会社に通達されるので、この時点で会社に不動産収入が有る事が分かります。

 

これは、本業の会社が計算した住民税と実際の住民税の額の違いがあるので、会社に知られてしまうんです。

 

これを防止するには、家賃収入を確定申告する際に、家賃収入を確定申告する際に、確定申告書の確定申告書B第2表右下の下から3行目にある項目で、自分で払う、にチェックを入れれば、会社に知られません。

 

こうする事で、住民税の通達が会社に行かないようになります。

 

住民税を自分で納付する。

 

これが、会社に副業が知られないテクニックです。

 

確定申告表申告表第2表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です