特別なスキルなどはいらない

ワンルームマンション投資であられる家賃収入は老後年金の代わりになって毎月、家賃収入が入り、預金取り崩しと違い精神的安心感が段違いです。

また投資用不動産をローンで買ったときマイホームのローンみたいに団信信用生命保険がつき、団信はローン購入者に万一が起きたら、ローン完済される仕組みとなります。

 

そして、不動産と家賃は物価上昇と連動しており、インフレ対策となり案す。

デフレの時物の値段下がって相対的にお金勝ち上がっていて、預金でももんだしなかったのですが、物価ひとたび上がれば、預金してるだけならお金の実質的価値は目ベリしてく一方です。

 

なのでインフレ対策にワンルームマンション投資するのは効果があります。

そしてワンルームマンション投資は入居者からのトラブル、クレーム対応などの大家としての業務ついて回ります。

 

ですが、あなたが大家としてこうした仕事する必要がなく、安定して家賃収入上げてくれる確かな物件に投資し、信頼できる賃貸管理会社に任せれば、後は毎月家賃が口座に振り込まれます。

そして、メリットだけの投資が内容ワンルームマンション投資もデメリットがあります。

 

ワンルームマンションは不動産中1棟アパートなどとことなって、売りやすく、それでも株式ほど素早く売却できません。

ワンルームマンション投資すれば、経費、税金もかかり、購入後慌てないためにランニングコストなど把握して投資計画を立てましょう。

 

そして、新築マンションは販売促進費用が価格に上乗せされて、どうしても物件価格高くなり、その分投資効率た悪くなります。

そして、節税効果あるといっても、いつまでも税金還付受けられるのではなく、節税効果あてにして収支計画組めば、将来の計画くるってしまいます。

 

資産運用目的で投資考えるなら、新築でなく中古をえらんで下さい。

中古は販売課悪は需要と供給の市場価格で決まって適正価格で買うことが可能です。

 

さらに家賃も新築、中古でそれほど変わらず、購入価格が安い分、高い利回り期待できます。

そして、新築の時分譲会社の販促コストが販売価格上乗せされ、どうしても販売価格高くなります。

 

販売価格高い分、高額家賃設定できるのかといえば、そうではなくて、新築ワンルームマンションの利回りひくくなり、ちょっとの頭金を入れローン購入したケースだと家賃収入から経費、ローン返済額差し引くと赤字となります。

中古ワンルームマンションは販売価格は需要と供給で決まって適正価格で購入が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です