中古ワンルームマンション投資のリスクもある

考えている人男性

ワンルームマンション投資は東京都心部で探して下さい。

理由は東京都心部は人口減らないと予測されてて、大学多く学生が多く、少子高齢化と未婚化進んでることで一人暮らしの需要が高いといった点があげられます。

 

設備充実してるのかも大事です。そしてエントランスのオートロックは当然で、時代トレンド反映したフリーwifiなどが挙げられて、24時間使えるゴミ捨て場、警備保障会社契約など部屋以外にマンション全体設備も大事です。

利便性、快適性など総合力備えた物件えらぶのが空室リスク抑えて入居者増やすことになります。

 

そして、ちょっと前のワンルームはバス、トイレ一体型が一般的でしたが、最近バス、トイレ分離されるタイプに人気があります。

そして、カーペットからフローリングへ志向シフトしてる傾向があって、カーペットは家具置いた跡が残って、衛生的面から見てフローリングのほうが人気あります。

 

不動産投資面からいれば、購入後ちょっと費用がかかっててもバス、トイレ分けたり床フローリングしたりするリノベーションを検討してもいいです。

賃貸借契約はいったん締結されれば簡単に解除できず、借りて、入居者審査は慎重にすべき重要項目なのです。

 

そしてもっとも大事なことは家賃支払い能力ですが、2番目はその方の人柄で常識的価値観があるか、良識ある行動取れるかなど見極めをおろそかにすれば後々トラブルになりかねません。

そして、入居者審査に時間や労力をしっかり避けなければ経験豊富で信頼できる賃貸管理に業者に依頼考えて下さい。

 

賃貸借契約は借り手が有利とされていて、賃貸滞納者を強制的に追い出すのはむずかしく、ひどければ弁護士へ相談が必要になったりします。

またワンルームマンション投資に限りませんが、投資検討時キャッシュフローをシュミレートしましょう。

 

一般に投資の収益は収入-支出=収益で計算されてワンルームマンション投資の収入は家賃です。

ほかに礼金、契約更新時の更新料もそれにあたって、支出はどうかといえば、不動産取得税、固定資産税など項目が想定されます。

 

そして、管理費、管理代行費などを組む時はローン返済金です。

管理代行費は賃貸会社管理手数料、賃料の集金代行、賃料滞納者への対応など依頼した、会社への手数料を意味します。

 

そして、ほかの不動産投資に比べて資金少なく始めやす砂ワンルームマンション投資でも失敗のリスクがあることを覚えておいてください。

またワンルームマンション投資は複数リスクありますが、新築、中古に共通のリスクに、空室リスク、金利上昇リスクがあります。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です