投資用ワンルームマンションを購入する時、管理会社や管理組合を調べてますか?

マンション管理組合がしっかりしてないと、マンションの資産価値維持が出来ない。

 

 
マンションの建物や敷地、エレベーターなどの共用施設は、マンションの区分所有者で構成する、マンション管理組合が管理している。
 
 
 
このマンション管理組合は、多くが業務を管理会社に委託している。
 
 
 
分譲マンションの中のワンルームマンションの場合でも、ワンルームマンションの所有者は遠隔地で有る事も多い。
 
 
その為、このマンション管理組合の会合に参加できずにいる。
 
 
実際の業務は、外部の管理会社に頼らないと、運営できないのが現状である。
 
 
しかも、この管理組合はほとんど変更する事は無い。
 
 
 
管理組合のメンバーは、所有者がするが、誰もやりたがらないので、輪番制に成ったり、同じ人が何年間も理事長を続けるケースが多い。
 
 
 
その為に、運営にコスト意識が無く成ったり、必要以上に管理費を出費したり、使い込みが起きたりする例が出て来ている。
 
 
 
 
最近では民泊の認可が下りる様に成ったので、勝手にマンションの1室を民泊として使用する例も有る。
 
 
 
この様な問題を発生ささない様にするには、マンション管理組合の会合の議題にする必要が有るのだ。
 
 

この総会には、遠隔地に住んでいるオーナーには、議決権行使の委任状のはがきが送られて来る。

 

最近ではこの様なオーナーが増えているので、住居者が80戸中3~4人程度の出席で運営している例も目立つ。

 

マンションの老朽化や工事費用の高騰で、大規模修繕工事をするための積立金不足で窮地に立つマンションも急増している。

 

こうした問題が有るので、国交省は昨年、マンション管理の目安を示す、標準管理規約を改正した。

 

管理運営に、マンション管理士や、マンションの権利・利用、建設技術などに詳しい弁護士や建築士、司法書士などの外部の専門家を活用する事が出来る様にした。

 

 これまでも管理組合が外部専門家に助言や指導を求められるという規定はあり、すでに約半数のマンション組合が専門家を活用している。

 

 

新しい規約では、さらに進んで組合の理事などに外部専門家が直接就任したり、専門家に業務執行を任せて理事会や総会が監督したりできるようにした。

 

これは、成り手が不足して管理組合が管理運営が出来なくなってきている事に対する、対策である。

 

業務執行を任せるのは、大規模マンションを想定している。

 

これが実現すると、管理費の効率的な使い方が出来る。

 

 

現時点では強制力はないので、すぐには変わらないだろうが、1つの対策で有る事は間違いない。

 

 

マンションを所有していると、マンション管理組合から、議題について事前に送られて来る。

 

これを見ていると、現在所有しているマンションが、どんな問題を抱えているかは分かる。

 

 

しかしながら、そこに参加しない限り、詳細については分からない。

 

 

自分の資産で有るので、本来年に数回しか開催されないのだから、出席する事が良い。

 

 

しかし出来ないならば、こういった国の指針を利用する方法を検討する事は重要である。

 

古いマンションでは分譲当時の規約のままというケースもあり、理事などに就任できるのは依然、所有者に限定されている。

 

規約の改正には所有者数と議決権数の各4分の3以上の賛成が必要だ。

 

しかし、これからマンションに住んでいる人間自体の高齢化、遠隔地に住んでいるオーナーの高齢化、が進むと運営する人間がいなくなる恐れもある。

 

今、あなたが買おうとしているワンルームマンション。【GA technologie】

 

管理組合はしっかりマンション管理が機能していますか?

 

 

失敗しないワンルームマンション投資は、信頼できる不動産会社マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】 が必要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です