ワンルームマンション投資で節税できる、は間違いです。

ワンルームマンションをローンで購入する事で、所得税が減額されるので、節税出来るは間違い。

 

不動産投資をすると、結果的に赤字に成る事があります。

 

国は産業振興の為に、投資者の負担を減らすために設けられている制度の一つとして、所得税から赤字分の所定額を還付する制度があります。

 

これをうたって、業者の中には節税出来ると言われている所も有るようです。

 

しかしこれは、間違っています。

 

どうゆう事かと言いますと、

 

サラリーマンの場合には、会社から給与をもらっています。

 

その際に、会社は所得税を計算して、すでに所得税を差し引いて給与が振り込まれています。

 

その為自分が税金を計算したり、税金を納めたりする必要はありません。

 

しかしサラリーマンの場合でも、不動産投資で収入を得ている場合には、不動産投資で得られた収入から経費を差し引いた所得を自分で計算し、所得税を申告、納税します。

 

確定申告ですね。

 

医療控除で皆さんもやっていると思います。

 

この時、不動産投資が黒字であれば、その黒字分の所得税を納めます。

 

逆に赤字の場合には、その赤字分が還付されます。

 

つまり戻ってくるのです。

 

赤字を出せば出すほど、戻ってくるという話です。

 

しかし、これは間違いなのです。

 

赤字分すべてが戻ってくるのでは無く、赤字分の各自の所得税率に応じて、その赤字分の相当額が還付されて戻ってくる、と言う事なのです。

 

ですので、赤字の場合には、赤字で、その一部を国が補助してくれる、と言う事です。

 

経費の部分を多く使って、見かけ上の所得を減らそうとしても、経費をそのまま還付されるわけではありません。

 

その人の所得によって税金額が決まっていますので、その金額に応じて還付され金額が変わって来ます。

うその経費計上は犯罪ですので、出来ません。

 

金利分についても、経費として認められていますので、これも費用として計上出来ますが、ワンルームマンションの場合には、2,000万円前後の場合でも6万円程度ですので、金利部分は3万円~4万円程度です。

 

これが経費として引かれても、大きな赤字にはなりませんので、節税には成りません。

 

ワンルームマンション投資で節税をする事は難しいと考えてください。

 

しかしながら、ワンルームマンション投資をするうえで、様々な経費が認められています。

それは有効に使用したらよいと思います。

 

特にワンルームマンション投資として、勉強する為の経費です。

 

書籍代、パソコン代の按分、セミナー参加代、物件見学や勉強会、地方の人が東京のワンルームマンションの現物を見に行く時の交通費、と言った実質的にワンルームマンション投資に使用する必要がるものは積極的に使っても良いと思います。

 

但しこれを使っても、使った経費がそのまま利益に成る訳ではありません。

 

ワンルームマンションが永続的に利益を上げる事が出来るように、努力していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です