ワンルームマンション購入。頭金が無いなら、株式投資で作る。

ワンルームマンション投資の為に、頭金や諸経費が無いなら株式投資でも作る事が出来ます。

 

私は、株式投資で資金を作りました。

 

理由は、持っている資産を株式投資で増やしていたからです。

 

株式投資は、中国株なのです。

 

ちょっと、怪しい、、、と思われるかもしれませんが、国はGDPが6%以上伸びているのです。

 

まだまだ伸びる企業はたくさん有ると言われています。

 

IT企業でテンセントという会社が有りますが、上場してから今までで200倍を超えています。

 

そして、今もまだ伸長している優良企業です。

 

この様な会社が、中国にはあります。

 

 

中国では経済発展の為に、環境汚染が問題に成っている記事が日本でも良く出ていますね。

 

中国では、国を挙げて対策に取り組んでいます。

 

ですので、環境のキーワードでたくさんの企業が株価が上昇してくると言われています。

 

しかしながら、今は地政学的なリスク=北朝鮮の問題で株価は下がっています。

 

又、経済成長を抑えて環境対策を優先した、新常態(ニューノーマル)を掲げた為か、現在は株価は低迷しています。

 

始めた時期は、2004年頃ですが、たくさんの大企業が上場して、値上がりした銘柄はたくさんありました。

 

私も、ここで始めたので、資産を作る事が出来たのです。

 

但し、株式投資は下落リスクが常にありますので、ある程度資産が出来たら、安定化の為に資産を分散する事が必要だと考えたのです。

 

不動産資金の前に、株式投資を行ったのです。

 

私が行ったのは、中国株式ですが、日本株でも、米国株、でも株式投資で資産を築いた人はたくさんいます。

 

ですので、投資資金を増やす方法として、株式投資も一つの資産運用とすれば、方法としてあります。

 

ワンルームマンション投資も投資ですので、自分の資産をどう増やすかです。

 

先ずは100万円と言いますね。

 

中国株は、1株当たり金額が小さい銘柄が有ります。

 

中国企業への株式投資であれば10万円程度から貯めて、企業の株を購入していくことから資産形成への投資が行うことができます。

 

配当利回りでも2%程度出す企業への投資でしたら、普通の銀行預金で0,001%程度と比べてみると、どちらでお金を増やしていけるか、株式投資の方が利益は良いです。

 

 

もちろん、日本株でも米国株でも結構です。

 

株式投資で考えた時、こんな考え方も有ります。
 
 
私はこの考え方で株式投資をしています。
 
 
業績がこれから伸びそうな企業が有り、その企業に100万円投資します。
 
 
その企業の業績が、
 
 
毎年10%伸びる企業に投資したとすると、福利で考えれば、49年目で1億円に成ります。
毎年20%伸びる企業に投資したとすると、福利で考えれば、26年目で1億円に成ります。
毎年30%伸びる企業に投資したとすると、福利で考えれば、18年目で1億円に成ります。
 
 
毎年、追加で毎年50万円ずつ購入したとすれば、
 
 
毎年10%伸びたとすると、福利で考えれば、30年目で1億円に成ります。
毎年20%伸びたとすると、福利で考えれば、18年目で1億円に成ります。
毎年30%伸びたとすると、福利で考えれば、14年目で1億円に成ります。
 
 
数字上ですが、この様になります。
 
 
どうですか。
 
 
ちょっと、ご自分が持っている資金を、銀行に預金している金額を、分散投資しても良いと思いませんか。?
 
 
この様な企業を見つけて、長期で投資する事が重要です。
 
中国には、まだまだこの様な可能性が有ると考えています。
毎年50万円貯めるのは、難しい人も居ます。
でしたら、出来る金額だけで良いのです。

毎年、資産運用のために金を投資に使う事が重要です。

 

中国の環境問題と対策につういて、以下の様な記事が有ります。

 

・産経新聞から三塚聖平さんの記事

 

微小粒子状物質「PM2.5」を含む大気汚染など環境問題が深刻化する中、中国で環境分野を狙った企業の動きが活発だ。

 

3月15日閉幕の全国人民代表大会(全人代=国会)でも環境対策の強化方針が示され、投資拡大を見込みベンチャーも存在感を増す。

 

ただ、効果が見えにくい分野には政府の支援が行き届いていないなど、積極化する企業の動きを抜本的な環境改善につなげられるかは不透明だ。

 

北京中心部の「中華民族芸術珍品館」の建物の一角に、ベンチャー企業が入る起業支援施設がある。

 

「中国では省エネや環境対策が日本と比べて十分でなく、改善余地は大きい」

 

環境関連のベンチャー企業「北京国能環科環保科技」の佐野史明・海外マネジャー(32)が手応えを語る。

 

2009年設立の同社は、主にオフィスの省エネや工場の汚水処理施設・設備に関する事業を手掛けている。

 

佐野氏は2008年に東大農学部を卒業。

 

日本の商社を経て、2011年に北京に移住して環境ビジネスの世界に飛び込んだ。

 

今は優れた環境技術を持つ日本企業を中国で紹介する業務を担当し、「政府の後押しもあり、中国の環境ビジネスはまだまだ伸びる」と強調する。

 

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、中国における工業汚染対策投資額は2010年の約400億元(約6520億円)から2015年には1000億元の大台を突破。

 

李克強首相は全人代で再生可能エネルギーへの転換など環境対策を強調しており、今後も順調な投資拡大が見込まれる。

 

市場を取り込もうとする企業の動きが熱を帯びる一方で、これにより一気に環境改善が進むかは疑問もある。

 

政府の支援は大気汚染対策などメディアが注目する分野が優先され、土壌汚染対策など後手に回っている分野が少なくないからだ。

 

環境より経済発展を重視する風潮も依然根強い。

 

ジェトロ・アジア経済研究所の大塚健司主任研究員は「根本的な環境改善には遅れている分野への対応が急務。

 

大気汚染など対策が先行する分野も技術の高度化が必要だ」と指摘する。

 

中国では工業汚染に対して、対策投資額が今後も増えていくと予想されます。

 

従って、環境関連企業は成長していく可能性が高く成っています。

 

ワンルームマンション投資マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】
を失敗しない為には、信頼できる不動産会社【GA technologie】
を使う事が重要です。

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です