購入する前に聞きたい、賃貸ワンルームマンションの空室対策 

空室対策として、リフォームや家賃の値下げをするだけで入居者の退室を防止出来るのでしょうか。

 

これからワンルームマンション投資を始める人には、空室対策は気に成るところですね。

 

空室対策として、見映えを良くするリフォームや、家賃を下げる補助金や助成金とかが有ります。

 

これはどちらも費用がかかります。

 

ましてや、賃貸人がそれを不満に思っているかどうかは、分からないのでそれが有効かどうかは分かりません。

 

費用をかけないで空室対策をする方法が有ります。

 

それは、賃貸人が今の部屋に対して、不満を持っていないか、聞き出してそれに対応する事です。

 

退室する時には、アンケートの用紙が送られてきて、退去理由を色々書かされます。

 

しかしオーナーにとっては、これでは遅いのです。

 

普段から、賃貸管理会社が、もしくは管理組合が契約している建物管理会社が、賃貸人に不満が無いか、問題が発生していないか、確認する事が必要です。

 

しかし、何か不満が有ると、修理や補修や交換が必要に成り、金額負担が発生する恐れが有ります。

 

ですので賃貸管理会社は積極的に賃貸者に問題が無いか、連絡を取る事はありません。

 

ましてや、オーナーが直接これらの管理会社を飛ばして、確認する事は有りません。

 

これでは、住居者が部屋やマンション自体に不満を持っていると、いきなり退室! と言う事も起きるのです。

 

小さな不満をこまめにつぶす事が重要です。

 

すごい方法というか、シンプルな方法ですが。

 

 

以前私自身も自分が借りているマンションで、最上階だったので天井から雨漏りがしたのです。

 

地震の影響か、マンションの天井部分に亀裂が入り、そこから雨漏りがしたのです。

 

この時の管理会社の対応が遅く、雨漏りの状態が1週間続きました。

その後、当面の補修をしたのですが、天井の亀裂にパテをはめて、雨漏り防止工事が終了するまでは、1か月かかりました。

 

こちらは住みにくくで仕方ありません。

 

しかし、この間マンション管理会社との連絡がなかなか取れず、不満が溜まって行ったのです。

 

マンション管理会社は、建物自体を管理している会社と、部屋を管理している会社と、違う会社が一般的です。

 

この両方のマンション管理会社は問題が発生した時こそ、しっかりした対応をして貰わなと、賃貸人は長く住もうとは思いません。

 

事実、私はすぐマンションを変わりました。

 

サラリーマンの場合には、勤務している会社が斡旋した場合には、会社側責任で引っ越し代、礼金、敷金は出るのです。

 

自分で金銭を負担せずに、退室する事が出来るのです。

 

オーナーはこの為に1~2か月は空室が出るので、収入が入りませんし、その期間は自分がローン会社に支払う必要が出てきます。

 

 

学生を対象としたマンションでは、賃貸管理会社、が運営する入居者向け食堂があるそうです。

 

学生が住んでいるたくさんの管理物件が有ります。

 

学生の心配事は毎日の食事でしょうから、この食堂が有れば学生は助かる訳です。

 

これが、学生の囲い込みに成り、空室対策に成るのです。。

 

 

その管理会社では、そのエリアの9割以上が同社管理物件に決めるという成果を上げているようです。

 

これは、食堂を提供する事でしたが、賃貸人は個々して欲しい事をお持ちでは無いでしょうか。

 

出来るか出来ないかは別にして、こちらの方から賃貸管理会社に、賃貸人に不満が無いか、こちらが出来る事は無いか、聞いて見る事は重要です。

 

退室すると、家賃1~2か月分10万円~20万円をオーナーが負担。

それならば、賃貸人にこの金額を使って、長く住んでもらう事に使っても良いのではないでしょうか。

 

今から中古ワンルームマンションやマンション投資マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】
を考えている人も、この様な対応が出来る賃貸管理会社【GA technologie】
を選ぶ事が大切です。

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です