価値が下がることも考えておく

埠頭さん投資中割と手が届きやすいワンルームマンション投資ですが、実際住んだこと、友人の家遊びに行ったことあるなど実際ワンルームマンション見たことがある人もいることでしょう。

不動産投資にあたり最も気になるのは初期投資額の大きさで、中古、割安物件買っても元からの額が大きい分数万円といった額では済まないです。

 

ですが、ワンルームマンションは違い、エリアなどによりますが、不動産投資としてわりと手が届きやすい金額から始められ、手持ちの現金少なかったりし投資をするにはちょっとという人でもハードルはひくいです。

そして不動産手放す時もワンルームマンションは自宅用、セカンドハウス用などとしての需要ある程度見込めたりします。

 

不動産投資成功させるカギは物件管理ですが、その部分でもワンルームは手間がかからず、大抵の事は管理会社に任せられて、オーナーがすることはほぼありません。

任せられるところが多いというのは忙しビジネスパーソンには時間的に安心できるのです。

 

またワンルームマンション投資は割と手が届きやすく、長期敵に安定した収益を見込めませうが、一方で1棟マンションなどにくらべどうしてもリターンが低いです。

それはワンルームマンションは一つの部屋からしか家賃収入がありません。

 

そしてワンルームマンションはファミリータイプよりも家賃が安くなりがちで、元から大きなリターンを見込めなかったりします。

そして、ワンルームマンションは床面性、敷地面積関係でみれば、ファミリータイプのものより敷地内にたくさんの部屋がある形となり、これは資産価値に占める建物割合が大きいということです。

 

また、ワンルームマンションは元から土地の持ち分少なくて、時間経過して資産価値残りにくいのは特有デメリットかもしれません。

ワンルームマンション投資に限りませんが、何があるかわからないのがこの世界で、毎月のローン返済以外に固定資産税など税金発生するといた面もチェックしておいてください。

 

サブリース契約を家賃保証があれば一定期間過ぎて行われる契約見直しで保証条件かわれば空室リスクが上がったりすることも考えられます。

空室リスク、購入時の利回り計算はしっかり押さえておくことが大事ですそしてパートナーともいえる不動産会社も慎重に選ぶことです。

 

また、中古マンション投資は反社会的勢力が入居してる集合住宅は、資産価値が下落することがかんがえられて、これは彼らが原因でほかの入居者の安全性脅かされてしまうからです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です