「家賃支援給付金」の申請受付が、7月14日から経済産業省のホームページで始まった。

家賃支援給付金1

家賃支援給付金とは、コロナウイルス被害を受けて、テナントなどの家賃に対して、国が補償してくれる制度です。

これによって、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言により、売上の下がった事業者の事業継続を下支えする事ができる様に成っています。

 

「中小企業などの法人で最大600万円」「フリーランスを含む個人事業主で最大300万円」が一括で支給されるのです。

家賃支援給付金制度

家賃支援給付金1

申請期間は2020年7月14日から2021年1月15日の24時まで。

締め切りまでに申請受付が完了しないと、支給対象にならないので注意が必要ですね。

 

原則としてポータルサイトで受け付けているが、自身で電子申請をするのが困難な人に向けには、入力などを支援する「申請サポート会場」を開設していますので、利用するのも良いですね。

詳しい場所こちら、必要な場合はチェックしてください。

 

事業者にとって、売上が厳しいなか、月々の家賃は重い負担です。

一刻もはやい支援を求めていて、申請開始初日だけで1万件以上の申し込みがあったと言われています。

支給されるには、申請から2週間程度はかかると言われていので、早めに申請を出しておく方が無難です。

 

手続きがかなり複雑で、用意する資料もたくさんあって、慣れていないと時間がかなりかかりますので、社会保険労務士とかに聞いて作成するのも一案です。

出典:家賃支援給付金ホームページ

申請前の準備

誓約書に署名して、アップロードします。

2019年の確定申告書の控え、銀行通帳の写し、直近3カ月の賃料の支払い証明書、売上柄台帳、などたくさんの書類が要ります。

これを揃えて、デジタルデータにする必要が有ります。

慣れれば簡単ですが、初めての人は時間がかかるでしょうね。

 

ワンルームマンション投資では関係ないと思いますが、ワンルームマンションをテナントとして貸している場合で、テナントが使用できなくなった場合などは対象に成る場合もありますので、一応参考にしてください。

 

詳細は経済産業省のホームページで確認する事をおススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です